英作文の授業について

2012年11月7日 水曜日  カテゴリー: Eigojuku英語塾の指導法

昨日の発音指導に続き日本の学校でおろそかにしているのが英作文の指導でしょう。
私自身、中高大と通じてほとんど習った記憶がありません。

 

しかし、この英作文の練習をしないということも日本人が英語が使えないひとつの大きな要因だと思います。もし、そうならば日本の英語教育の責任は重大です。

 

英作文は実際に自分の頭の中で自分の言いたいことを英語で組み立てるということです。書かれている英文の意味を理解するよりも、正確で細かい文法の知識が求められます。

 

文型などのパターンがある程度呑み込めている生徒でもありがちなミスが、例えば主語と動詞の一致の問題。主語が三人称単数なのにhasではなくhaveを使っているなど頻繁にみられます。また、関係詞を上手に使えるようになるとある程度複雑な意味の文章が書けるようになってきますが、先行詞となる名詞を関係詞節で後ろから修飾していくことは日本語の修飾・被修飾と真逆の関係なので頭で理解できても感覚的に身に着くまでにはかなりの練習と時間が必要です。冠詞のaとtheはある程度慣れてくれば使い分けができるのですが、やはりこの場合はどっちだろうかと悩むケースは上級者でも時々あります。前置詞は基本概念でとらえていくとかなり理解が進むのですが、やはり判断に迷うケースは少なくありません。

 

このように英作文のポイントは書いていくときりがないのですが、英語塾ではこうしたやっかいな英作文を中高生にも理解できるようにできるだけシンプルに教えていきます。日本語と英語がどのように異なっているのかを理解するのも大きなポイントです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・