ブログ

日別アーカイブ: 2012年11月20日

Eigojuku英語塾の講師

2012年11月20日 火曜日  カテゴリー: Eigojuku英語塾の指導法

Eigojukuの授業はすべて塾長である私、阿部が教えています。
現在のところ時間講師などを雇用する予定はありません。

 

他の学習塾、とりわけ個別指導では学生の時間講師を使っているところが多いです。
特に個別指導塾では大手になるほど大半が大学生の時間講師というところがほとんどかもしれません。
集団授業の塾は個別指導と比べれば正社員やベテラン時間講師を使うケースが多いかもしれませんが。

 

私は大学生が塾の講師をすることは悪いことだとは思っていません。
若い大学生が教えるという貴重な体験を通して多くのことを学ぶでしょう。
そして塾でバイトを希望する学生の中には将来、教員を志望しているものもいます。
教わる側も若い先生のほうが親しみやすいなどというケースも少なくないのです。

 

但し、「学力をつける」ということになると、やはりベテランのプロ講師と学生講師では歴然たる差があるといって差し支えないでしょう。

 

生徒がどこで躓きやすいのかを的確に把握する、将来的にどういう知識が必要になるかを見越して今必要なことを身につけさせるなど、学生講師ではやはり経験不足です。

 

だから大手の個別指導に行かせたけれども効果がなかったなどという保護者の方もぜひご相談にいらしてください。

 

まずは現在の学習状況をお聞かせください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



小さな目標

 カテゴリー: 英語学習のヒント

今日は英語の勉強をする場合の目標設定についてです。

 

誰でも最終的な目標は大きなものがあると思います。

 

英語学習で言えば、英検1級合格、TOEIC満点、ネイティブ並のスピーキング力などいろいろあると思います。

 

そうした目標は目標でいいわけですが、その時の自分の実力に応じて少し頑張れば実現可能な小さな目標を立てておくとよいと思います。

 

別の言い方をすれば「次のステップ」といった感じでしょうか。

 

これは英語学習だけでなく、日常生活全般に当てはまるように思います。

 

例えば、私の現在の趣味は水泳です。特に今年から熱心に取り組んでいます。子供の頃からやっていたわけでなく、大人になってから始めました。最初は25メートル泳ぐと「はー、はー、ぜー、ぜー」するようなレベルから始めて、今では1キロは泳がないと気が済まないというところまできています。

 

それで今年の水泳ライフを振り返ってみると、まず「今年はプールにきたら最低1キロは泳ぐ」を目標にしました。次に「1キロ1回も足をつかずに泳ぎ切る」を目標に掲げました。それを達成したら、次には「途中休んでもいいから、とにかく2キロを泳ぎ切る」を目標にしました。そして、「1キロを30分以内で泳ぎ切る」や「3キロを1キロずつ休憩を入れて泳ぐ」など次々に目標を塗り替えていったのです。

 

現在の目標は「今年中に合計100キロ泳ぐ」ですが、今日時点で82キロ泳いでいます。

 

有名なTOEIC講師でTEX加藤さんという方がいますが、TEX加藤さんも自身のブログで英語を学ぶときに少しずつハードルを高くしていくとよいといった趣旨のことを書かれていて「なるほど」と思いました。

 

例えば、たとえTOEIC満点を達成したとしても次は全問正解で満点を取るとか、2回連続で満点を取るとか、いくらでもハードルを上げることは可能なのです。

 
というわけで、英語にまだまだ自信のない方も、かなり腕に覚えのある上級者のかたもそれぞれの「次のステップ」を見つけて英語力を伸ばしていって欲しいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



塾長プロフィール
クリニック開業支援

阿部 毅
1972年生まれ。英検1級TOEIC985点(自己ベスト) TOEIC SWスコア S180点 W200点。早稲田大学文学部卒、東京藝術大学大学院にて博士号取得。 予備校や学習塾での英語講師やギャラリーでの国際業務を経験。その他、大手企業の英語研修の教材作成などの仕事にも携わる。

▲このページのトップへ