passiveをactiveへ

2012年12月26日 水曜日  カテゴリー: Eigojuku英語塾の指導法

こんばんは

 

今日は使える英語の勉強法について、私が思うところを述べます。

 

言語の認識には受動的なものと能動的なものがあり、意味は知っているけれど自分で使いこなせない言葉があるいっぽう、その言葉の使用法を完全に自分のものにしていて会話でも文章でも自由に使いこなせる言葉があります。

 

前者をpassive(受動的)とすると後者はactive(能動的)となります。

 

この二種類の言葉があることは母国語にも外国語にも言えると思います。そして語彙としてはactiveな言葉よりもpassiveな言葉のほうが多いのも自然なことです。

 

特に外国語に関してはその差が顕著なのではないかと思います。日本の英語教育が「読む」ということに非常に重点を置いているため、なおさらその傾向が強いのではないかと思います。

 

難しい文章を読めるのに、会話は全くダメ、文章もあまり自信がない、という日本人はpassiveに英語を理解しているのに、それをactiveに使うことができないのです。

 

このpassiveな状態の英語をactiveに変えなければいけない。これが実用的な英語力をつけるために必要なことです。

 

私は、これを行うには「書く」と「話す」を繰り返すしかないと思っています。おそらくそれ以外にないのではないかと。

 

Eigojuku英語塾で「英作文」と英文の「音読」を取り入れているのはそのためです。実際に英文を書くという作業は、自分が知ってる英文法の知識を能動的に使っているのです。まさに脳がactiveに活動していることを実感できるはずです。

 

また、英語を発音やイントネーションに気を付けながら「音読」すると英語のリズム、口や舌の位置や動かし方を学ぶことができます。実際に自分の筋肉を使って呼吸や口周りの筋肉を意識してみると、それまでのpassiveな勉強とは全く違った側面が英語学習にあることに気が付くでしょう。それはまさに体で覚える運動なのです。

 

Eigojuku英語塾ではいわゆる英会話の授業は取り入れていません。それは私がネイティブでないため、自然な会話を覚える相手としては役不足だと自分で判断したからです。それでも実用的な英語力を習得するための基礎なら指導できる。実際に英語で文章を書いて、声に出して読むことなら十分に指導できる。その基礎さえしっかりできていれば、あとはいくらでも自分で英語を使う機会を見つけて英語力を伸ばすことができます。

 

今の日本の英語教育はその基礎力をつけさせるところに主眼が置かれていないのが問題です。
さあ、passiveをactiveへ変えていきましょう!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・