ブログ

月別アーカイブ: 2013年5月

主語と動詞の一致の問題

2013年5月31日 金曜日  カテゴリー: 英語学習のヒント

こんにちは

 

最近、高校生の塾生が増えてきたので空いた時間に受験問題などを見直したりしています。
そんなとき、ふと目にした次の問題が新鮮に感じられました。

 

(      ) was happy over the victory.

 

1. Both the players and the coach
2. Either the coach or the players
3. Not only the players but also the coach
4. The players as well as the coach

 

大学受験の問題は文法の厳密なルールを問う文法問題が多いです。しかも受験生を募集定員の枠に収めるためにふるいにかけることが目的なので、落とすための試験です。問題は必然的に巧妙になり、いろんなトリックや紛らわしい選択肢を混ぜ合わせて誤答を誘います。

 

巧妙化した受験問題に対して予備校等で対策が練られる結果、実用性よりは試験テクニックが先行してしまい「受験英語」のレッテルを張られるわけですが。

 

上の問題の正解は3です。ヒントは括弧の直後が単数形の主語と対応するwasになっていることです。そして各選択肢はthe coachという単数形名詞とthe playersという複数形名詞からなっているのですが、各表現で何が強調されているかが正解を選ぶポイントになります。

 

選択肢をそれぞれ見ていくと、
1のBoth A and Bは「AもBも」という表現ですが、AとBは同等の価値で並べられているのでたとえAとBが両方とも単数形名詞でも動詞は複数に対応する形になります。つまり、上の文ではwereであれば正解です。

 

2のEither A or Bは「AかBか」という表現で、やはりAとBは同等の価値であることはBoth A and Bと同じですが二者択一の表現となっています。Both A and BがAとBの両方を含んで必然的に複数になったのに対して、Either A or Bは対等な関係のAかBのどちらか一方が問題になります。それでは動詞はAとBのどちらに合わせればいいのでしょうか。なにしろ、AとBは対等な関係で優劣がないので迷ってしまいます。しかし、この表現に関しては基本的には動詞に近いBの単語の数に動詞を合わせることになっています。つまり、上の問題ではthe playersが後ろのBの位置にあるので、やはりwereだったら正解になります。

 

3のNot only A but also Bは上記二つの表現とは違い、AとBが同等の価値をもっていません。「AばかりでなくBも」という意味からお判りでしょうが、後ろに来るBに力点が置かれているのです。こうした短いフレーズでなく文章の形になっても逆接の意味を持つ単語(butやhowever)の後ろには筆者の主張がきますよね。したがって、力点が置かれているBの単語に動詞を一致させることになります。Bに単数形のthe coachが来ているので、これが正解となるのです。

 

4のA as well as Bも基本的にはAとBは同等の価値では並べられていません。「BばかりでなくAも」と手前にあるAに力点が置かれるのが普通です。つまり、この問題ではAのThe playersに動詞を一致させる必要があるためにwereだったら正解だったのです。

 

ここで改めてそれぞれの選択肢をみると、実に巧妙に紛らわしい構成で作られていることが分かります。典型的な大学受験の英語の問題です。この手の問題は解いているときは、「わー、嫌だな、また紛らわしいのがでてきた」と思ってしまいます。「こういう重箱の隅をつつくような問題をやらせるから、日本人は英語ができないんだ」と文句を言いだす人もいるでしょう。

 

私も同じような感想をもったことがありますが、今回それを改めて新鮮に感じたのには理由があります。確かに、このまま文法問題として終わらせるとトリッキーで嫌な問題なのですが、もし自分で英語の文章を書いていたとしたらどうでしょうか。もし自分が英語でなんらかの文章を書いていてこの表現が必要になる場面にでくわしたら、動詞を主語のどこに合わせるかは非常に切実な問題になると思ったことがこの問題が新鮮に感じられた理由です。

 

おそらく「受験英語」の批判の背景にはこうしたことがあるのではないかと思います。あれほどトリッキーで難解な文法問題をこなしてきたのに、それを応用的に使う場面を提供してこなかったということです。逆の言い方をすれば、自分で作文をしていてNot only the players but also the coachと書いた後に、動詞をどこに合わせようかという問題に直面したことがあれば、上の問題を役に立たない「受験英語」とは簡単に切り捨てないであろうということです。

 

受験の英語は決して無駄ではないというのが私の考えですが、実際の入試問題からいろいろ見えてくることもあります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



「ハンドルの遊び」の「遊び」を英語でいうと

2013年5月24日 金曜日  カテゴリー: 英語学習のヒント

こんにちは

 

先日、辞書を引いていて偶然見つけた単語の用法に「遊び」があります。
「遊び」というとplayですが、普通は余暇にする「遊び」などの意味で使いますよね。

 

ところが偶然見つけたのは何かというと、例えば「ハンドルの遊び」のように機械の部分と部分が密着せずにその間にある程度動きがあることを指す「遊び」も英語ではplayで表現するということです。

 

例えば、インターネットで実際の用例を引っ張ってくると、

 

How do you adjust the excess play in the steering wheel from the steering gear box?

 

「ギアボックスからハンドルの余分な遊びをどうやって調整するの?」

 

といったような使われ方をします。

 

注:ハンドルは英語でsteering wheelです。

 

このplayの用法をすごく新鮮に感じたのがどうしてか自分なりに分析してみました。

 

それは「遊び」というのは仕事や勉強の合間にするもので経済的、時間的な「余裕」がないとできないことです。そうした「余裕」や「ゆとり」という抽象的な概念を具体的なメカの構造にも使っていること。そして、それが日本語と英語という遠く隔たった言語で共通していることを初めて知ったからでした。

 

ひょっとすると、この「遊び」という概念がそもそも外国から日本語に輸入されたものでしょうか?私は寡聞にして知りませんが、そうであればこうした一致があることも簡単に説明できます。

 

しかし、これが外国語からの日本語への概念の翻訳ではなくて、偶然の一致だとしたら人間のものごとの認識の仕方や言語表現の在り方を考えるうえで面白い例かななどと考えています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



TOEICテスト本番攻略リーディング10回模試をやってみました

2013年5月23日 木曜日  カテゴリー: TOEIC

こんにちは

 

TOEICは4月は塾の用事で受けられず5月は申込みに間に合わずで2回スキップしてしまいましたが、6月は受験します。

 

また対策を始めましたが、Gakkenから出ている「TOEICテスト本番攻略リーディング10回模試」を解いてみました。

 

これはお隣の韓国で評判の良かったTOEIC本の日本版だそうです。リーディング10回で1000問が2000円+税とコストパフォーマンスが高いですが、正解だけで解説が全くついていないので初級者には向かないです。

 

以下、結果

 

Test1 98/100
Test2 93/100
Test3 96/100
Test4 94/100
Test5 98/100
Test6 100/100(でました満点)
Test7 98/100
Test8 95/100
Test9 98/100
Test10 92/100 (あらら)

 

と我ながらムラがあるのですが、市販の書籍にありがちな極端に難しい問題はなく全般的に良問が揃っていると思います。

 

TOEICは単語の柔軟な運用力が試されるのですが、自分が間違えた箇所などを分析するとむしろ単語の厳密な意味や用法にもっと拘るべきだとも考えられました。

 

例えば、move という動詞は「引越し」や「転勤」には使えますが、単なるbusiness tripでは使えないなど冷静に考えれば納得のいくところを、大まかな意味を捉えて瞬時で答えるために間違っていたりしました。

 

こうしたことも同じ種類の間違いを繰り返すうちに鍛えられてくることだと思います。そして、これは単語を適切な用法で即興で使う力を養うことに繫がると思います。単に見栄やプライドだけではなく、やはり990点を目指す価値はあるなと思っています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



Eigojuku英語塾の本棚から15

2013年5月20日 月曜日  カテゴリー: Eigojuku英語塾の本棚から

こんにちは。

 

今回、ご紹介する本は発音練習のための本です。
日本人が区別を苦手とする発音の組み合わせに焦点を絞って解説してあります。

 

例えば、r と l、s と sh、v と b、o と ou 等々。

 

発音練習は3段階に分かれていて、level1ではそれぞれの発音の単語レベルでの練習。level2で紛らわしい単語を交互に発音する練習。そして、level3では早口言葉に挑戦となっています。

 

付属のCDもついているのでネイティブの発音で確認してから、自分で発音してみるのがいいと思います。早口言葉も複数用意されていて速さが2段階で収録されています。楽しみながら発音の練習を続けることができます。

 

授業で活用できるかなと思い購入したのですが、実際に自分でもまだ区別が曖昧である箇所にも気づかされました。「オー」と「オゥ」など日本人はほとんど区別しないので、頭でわかっていても、意識的に発音練習をして体で覚えてしまわないといつの間にかもとの曖昧な状態に戻ってしまいます。

 

値段も手ごろなので、シャドーイングなどで英語のリズムが身についた人が改めて細かい発音のチェックに使うのにも良い本だと思います。

 

芝詩史著「通じる英語の発音エクササイズ」語研 2011年

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



arriveとvisit

2013年5月13日 月曜日  カテゴリー: 英語学習のヒント

こんにちは

 

先日、授業で自動詞と他動詞のことを説明していて、ちょっと考えたことを書きます。

 

以下、あくまで私の推論です。

 

昔から、なんとなく紛らわしいな、覚えづらいなと思っていた動詞の用法でarriveとvisitがあります。

 

arrive は「~に到着する」、visit は「~を訪れる」で意味的には非常に似ているのですが、arrive は「自動詞」であるのに対して、visit は基本的に「他動詞」で使われていることです。

 

この違いはどこから生じているのか、何か良い覚え方はないものかと一度ならず思ったことがあります。

 

自動詞と他動詞に馴染みがない人のために一言だけ言っておくと、自動詞は次に前置詞を置かないと名詞と繋げることができない動詞であるのに対して、他動詞は直後に目的語として名詞を置ける動詞を指します。

 

I arrived in France this morning.「私は今朝フランスに着いた。」
I visited Rome last year. 「私は去年ローマを訪れた。」

 

go や come、run や swim など移動を表したり行為そのものに焦点のある動詞は自動詞であることが多いです。それに対して、make や break、send や show など主語の動作が他のものへ何らかの働きかけをするもの、対象がないとそもそも動詞の意味が成立しないものが他動詞です。これらの分類で難しいのが文脈によってかなりの数の動詞が他動詞でも自動詞でも使えるということです。

 

話をarrive と visit に戻します。それぞれの語源を調べると、arrive はar-【~に】と -rive【(水路で)岸につく】となっています。どうもarrive はもともと「移動」に焦点が当たった単語だったようです。

 

それに対して、visit の語源はラテン語のvisitare【繰り返し見に行く】であるとされています。ここで注目したいのがvisit には「移動」だけでなく「見る」という行為が含まれているところです。「見る」という行為には必ず見られる対象が存在する。つまり目的語が伴います。

 

すると「移動」そのものに焦点があるarrive が自動詞で、目的地で何かを「見る」ことに焦点があるvisit が他動詞なのは理屈が通る話です。

 

そうであるならば、やはりarrive と似たような意味で使われる動詞のreach 「~に到達する」が他動詞なのはarrive よりもreach のほうがより目的地である「到達点」に焦点があたった動詞だからではないか、つまり目的語をより際立たせる意味を動詞がもっているから、という推論も成り立つかと思います。

 

さらに、知覚動詞のsee、watch が他動詞なのに対して、look が自動詞なのは、see や watch が見る対象に焦点が当たっているのに対して、look は「視線を向ける」という行為に焦点が当たっているからではないのか。

 

同様に、hear が他動詞であるのに対して、listen が自動詞なのもhear が自然と耳に入ってくる音を知覚する動詞であるのに対して、listen が意識的に何かに耳を傾ける「聴く」という行為に焦点が当たってる動詞だからではないかという推論も成り立つかと思います。

 

以上、もともと言語学や英文学が専門ではない私の束の間の考えですが、疑問が沸いたらそれに対して自分で考えながら勉強を進めていくという態度はすべての学問に通じるものであって、勉強を続ける上での醍醐味だと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



間違えることは大事

2013年5月5日 日曜日  カテゴリー: 英語学習のヒント

こんにちは

 

GWも残りあと1日ですね。

 

先日、中学生に英単語を教えていて、ちょっとしたスペルミスがありました。
その中学生も沢山間違えていたのですが、私もひとつ思い違いをしていたのです。

 

私が間違えたのが、

 

excuse

 

という単語の綴り。
その子の単語テストをチェックしていて、

 

「これはeが入ってexecuseだよ」

 

と言ってしまったのです。

 

言った後になんとなく違和感があって直ぐに辞書を調べ、自分の間違いに気付きました。

 

どうして自分が間違えたのか理由を考えてみると明らかで、

 

execute

 

「実行する」「処刑する」などの意味がある単語とスペルが混乱していたのです。

 

私はこういう場合はその場で自分のミスを訂正します。

 

間違えたことは「間違えた」、分からないことは「分からない」ということは講師として大切なことだと思っています。もちろんあまり間違えすぎると信用を失ってしまうので、間違えないように日頃から気をつけてはいますが。

 

また、私はミスをした場合に気をつけていることは、なぜそのミスを自分がしたのか理由を探すことです。単語の意味やスペルを間違えた場合、何らかの似た単語と混乱している場合がほとんどです。

 

今回、改めて少し考えたことがあって「やっぱり間違えることって大事だな」ということ。

 

間違えるとちょっと恥ずかしいのは生徒も先生も同じですが、その「ちょっと恥ずかしい」という感情の傷のようなものが記憶の定着を促してくれると思うからです。

 

単語を覚える効果的な方法は何度も反復してその単語に触れることですが、もうひとつは生活の一場面で強く印象に残ることが挙げられます。後者は偶然に依存した要素が強いのです。

 

人前での間違えというのは、良くも悪くも印象に残るものです。沢山間違える人でも、それを前向きに捉えられる人は他の人よりも有利なのではないかと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



お馴染みの単語の別の顔

2013年5月1日 水曜日  カテゴリー: 英語学習のヒント

こんにちは

 

英単語の中には初学者が必ず習う必須の基本語というものがあって、日本で公立学校の教育を普通に受けていたら中1~中3で習う単語がそういうものに当たります。

 

しかし、そうした単語の中には基礎段階の課程で習った意味とは別の意味の用法があることが珍しくありません。いや、むしろそれが普通と考えていいでしょう。

 

英語学習者が勉強を続けていく過程で、そうした単語の意味を「再発見」することは良くあることです。そうした場合によく見られるのが当初習った単語が別の「品詞」で使われているというケースです。

 

例えば、

 

must

 

は助動詞として中学生で最初に習います。「~しなければならない」という「義務」の用法と「~に違いない」という推量の用法があると習います。

 

しかし、must には「名詞」の用法もあり、「しなければならない事」や「必ずもっていなければならない物」を意味します。ex. This dictionary is a must when you study English. 「この辞書は英語を勉強するときには必需品だ。」

 

find

 

は「~を見つける」という意味の動詞で習いますが、これも「名詞」の用法があり、「偶然に見つけたもの」「掘り出し物」の意味で使われます。ex. That little Italian restaurant was a real find. 「あの小さなイタリアンのレストランは本当にめっけものだった。」

 

make

 

も「~を作る」とう動詞の意味で、次に「~させる」という使役動詞の意味で習ったと思いますが、これにも「名詞」の用法があり「製品」の意味で使われます。ex. What make is this car? 「この車はどこの(製品)ですか?」

 

go

 

は「~に行く」とうい動詞ですが、やはり「名詞」としての用法もあって例えば、on the go で「いつも忙しい」という意味があります。

 

give

 

は「~を与える」という動詞ですが、やはり「名詞」で「弾力性」の意味があります。

 

keep

 

は「~を保つ」という動詞ですが、名詞で「生きるために必要な食べ物」などを意味します。

 

hold

 

も「~を保つ」という動詞ですが、名詞の用法があり、get hold of ~で「~を手に入れる」という表現など良く見かけるものです。

 

探していけば、実に色々な単語が色々な用法で使われているのです。比較的良く見かける用法もあれば、あまり見かけない用法もあると思いますが、それは日本語でも同じことだと思います。

 

今回は主に動詞が名詞で使われている用法を挙げましたが、反対に普段は名詞として良く見かける単語が動詞として使われることも多いです。

 

そうした「品詞」の見分けのポイントは大きく分けると二つあって、ひとつが「冠詞」の有無、そしてもうひとつが「語順」です。

 

辞書のひとつの活用の仕方として、意味の分からない単語を見たときにだけ引くのではなく、なにかひとつテーマをもって単語を調べていくというのも面白いかもしれません。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



塾長プロフィール
クリニック開業支援

阿部 毅
1972年生まれ。英検1級TOEIC985点(自己ベスト) TOEIC SWスコア S180点 W200点。早稲田大学文学部卒、東京藝術大学大学院にて博士号取得。 予備校や学習塾での英語講師やギャラリーでの国際業務を経験。その他、大手企業の英語研修の教材作成などの仕事にも携わる。

▲このページのトップへ