ブログ

月別アーカイブ: 2014年1月

連鎖関係詞のwho/whom

2014年1月31日 金曜日  カテゴリー: 英語学習のヒント

関係詞は英語が苦手な人が躓きやすいポイントのひとつです。

 

そんな関係詞の中でも特に複雑なのが連鎖関係詞と呼ばれるものですが、先日、社会人の生徒さんと授業で読んでいる文献中に以下のような文章がでてきました。

 

They selected individuals whom they believed would accept this role willingly.
(訳)「彼らはこの役割を率先して受け入れてくれると信じている人達を選んだのだ。」

 

この文中の関係代名詞は文の真ん中あたりにあるwhomですが、これは文法的に厳密に考えるとwhoが正しいのです。分かりやすいように関係代名詞が対応する「主語‐動詞‐目的語」の関係を赤色で示します。

 

They selected individuals whom they believed would accept this role willingly.

 

連鎖関係詞というのは、関係詞がその直後にあるS-Vを飛び越えて次にくる節の構成要素の一部になっているものです。つまり、上記の文ではwhom would accept this role willinglyとなり先行詞がindividualsとなるのですが、whom would accept…は文法的におかしいですよね。

 

関係詞が苦手な人のためにさらに詳しく説明します。
仮に上記の文を二文に分割するならば、

 

They selected individuals.
They believed (that) they would accept this role willingly.

 

となります(便宜上、接続詞のthatは括弧にくくっています)。第1文のindividualsは第2文の従属節内では代名詞のtheyで言い換えられています。これらの文を、関係詞を使って1文にしようとすれば、主格のtheywhoに変わって、individualsの次にくるわけです。
They selected individuals who…
They believed (that) _____ would accept this role willingly.

 

あとは、whoのあとに第2文の残りの要素を繋げれば文が完成します。
すると、

 

They selected individuals who they believed would accept this role willingly.

 

となるのが正しい形なのです。

 

それでは、この文章の書き手がミスをしたのでしょうか。そして出版前の校正の段階で編集者もミスを見過ごしたのでしょうか?どうもそうではないようなのです。

 

この本はadvance directiveという生前に自分が死んだ後にどうして欲しいかを文書として残しておく「事前指示書」について書かれたもので、著者もその道で博士号を取得している専門家です。まずは、非常に教養の高い英語のネイティブが書いた文章だということは押さえておきたいところです。

 

それではなぜ主格でなく目的格がここで使われているかというと、文法の解説には非常に詳しいジーニアス英和大辞典には次のような例文と解説が掲載されています。

 

The man (whom) they had thought would be the next governor was killed.
次期知事になるだろうと思われていた人が殺された《◆whom を用いることがあるのは他動詞thoughtにひかれるため;ここは主格なので通例はwhothat
(引用終わり)

 

つまり、they had thought、最初の文で言えば、they believedで使われている、thinkbelieveが他動詞でありその目的語がないことによって、関係代名詞の目的格が来ているというのです。いずれにしても、これは文法的には正確ではないわけですが、上記のような教養あるネイティブですら自身の著書で普通に使っているということは無視できない例だと思います。

 

それでも、この文章を単なる校正におけるミスと考える人もいるかもしれません。つまり著者はwhoと書いたつもりがwhomになってしまった、校正の段階でもそれに気付かなかったと。しかし、私がそうとは考えない理由は何かというと、この文章の少し上の部分に以下のような文があるからです。

 

Some participants chose individuals they thought would have an understanding of the purpose of advance directives and have some knowledge of death and dying, such as a nurse or a lawyer.
(訳)参加者の中には、事前指示書の目的を理解し死や臨終についていくらかの知識をもっていると彼らが考えられる人物、例えば看護師や弁護士などを選んだ者もいた。

 

この文でも連鎖関係詞が使われています。正確に言えば、連鎖関係詞は省略されているのですが、冒頭のSome participants chose individualsthey thought would have…の間には連鎖関係詞があったはずなのです。

 

この文章の場合も、they thoughtを飛び越して次に来るwould have an understanding of…と対応する関係代名詞は主格です。つまり文法的にはwhoまたはthatが来るべきなのです。

 

そしてここで関係代名詞が省略されているということが、私がこの著者が意図して連鎖関係代名詞で目的格を使っていると考えている根拠です。中学、高校で学んだ関係代名詞の省略を思い出してください。目的格の関係代名詞は非常によく省略されましたが、主格は基本的には省略されなかったはずです。つまり著者はここで関係代名詞を目的格と意識していたから省略したと考えるのが自然でしょう。これを校正ミスと考えるのは非常に難しいと思います。

 

以上、最近授業で取り上げた本の中での連鎖関係詞について書いてきましたが、Eigojuku英語塾ではこうした複雑な文章も極力分かりやすく解説していくことを心がけています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



カンマで区切られた英文の読み方

2014年1月11日 土曜日  カテゴリー: 英語学習のヒント

今、私が読んでいる美術史の専門書の中に文法が苦手な人がいかにも苦労しそうな文章がでていたので取り上げてみます。非常に挿入の多い文章なのですが、この文章の主節の構造(主語―動詞―目的語など)が分かるでしょうか。正解は下方に記します。

 

The said Michelangelo, being an old man, and desiring to serve His Holiness with all his powers; being also constrained and compelled by him in the matter, and being unable to do so, unless he is first released entirely in this work of Pope Julius, which keeps him in a state of physical and mental suspense, petitions His Holiness, since he is resolved that he should work for him, to negotiate with the Illustrious Lord Duke of Urbino for his complete release from the said Tomb, and cancelling and annulling every obligation between them.

 

背景知識としては、これはイタリア・ルネサンスの彫刻家ミケランジェロが1542年に時の教皇であるパウルス三世に当てた手紙の英訳です(原文はイタリア語)。ミケランジェロはパウルス三世からパオリーナ礼拝堂のフレスコ画制作の依頼を受けていたのですが、それ以前にユリウス二世(パウルス三世以前の教皇)から受託した墓廟の仕事があるためにパオリーナ礼拝堂の仕事に取り掛かれません。文中にあるHis Holiness はローマ教皇に対する尊称なのでここでは受取人のパウルス三世をさしています。また書き手であるミケランジェロは自分を指すのに一人称を使わず三人称を使っています。

 

以下、解説です。

 

文の主要な構成要素だけを赤字にすると以下のようになります。

 

The said Michelangelo, being an old man, and desiring to serve His Holiness with all his powers; being also constrained and compelled by him in the matter, and being unable to do so, unless he is first released entirely in this work of Pope Julius, which keeps him in a state of physical and mental suspense, petitions His Holiness, since he is resolved that he should work for him, to negotiate with the Illustrious Lord Duke of Urbino for his complete release from the said Tomb, and cancelling and annulling every obligation between them.

 

この文章は挿入が全部で8つもある、一見すると、とても複雑な文章です。教皇に当てた手紙の英訳なので格調高い文章を意識した結果だと思います。これだけ長く複雑な文ですが、大文字で始まりピリオドで終わるひとつの文で構成されています。

 

読むポイントとしては、英語というのは主語の後には動詞がくるという基本に戻ることです。その二つを特定していくことで文章全体の構造が見えるのです。冒頭にきているThe said Michelangelo が主語で、その後に6つの挿入句(節)を経てようなく動詞の petitionsが来るのです。ここでの注意点は、petition はこのままの形で名詞にもなるので petitions の最後の –sを名詞の複数形の –sと勘違いせずに動詞の三単現の -sときちんと認識できるかが理解のカギです。すると後は、動詞petition(請願する、懇願する)の語法で読んでいけばいいのです。

 

文章の骨格を抜き出すと、

 

The said Michelangelo petitions His Holiness to negotiate with the Illustrious Lord Duke of Urbino for his complete release from the said Tomb.

 

S petitions O to do ~ for … 「S Oのために~するよう懇願する」

 

となり、上記の文章は、「かかるミケランジェロは親愛なる教皇に件の墓廟の仕事から彼を完全に解放するために高名なウルビーノ公と交渉して頂きたく懇願する次第です。」といった意味になるのです。

 

挿入の種類としては、unless~ since~ は接続詞に導かれた従属節、which~ は関係代名詞の継続用法、それ以外はすべて分詞です。

 

ちなみに、大学入試を控えた高校生などが長文で苦手とするのが、まず代名詞の処理の仕方。例えば、they, them, it などが何を指しているかしっかり特定せずに「彼ら」「それ」と訳して読み進めてしまい、なんとなく意味が分かった気になっているが実は良くわからないというもの。そしてもう一つが、この挿入です。何らかの句や節がひとつ挿入されただけで、英文の構造がどこかにすっとんでしまう受験生が多いので、上記のような文が仮に入試にでたら脅威以外のなにものでもないでしょう。

 

最後に、挿入部分を全て訳すと(なかなか難しい作業ですが)、以下のような意味合いになります。

 

「かかるミケランジェロは、年老いてもなお、全能なる教皇へお仕えしたいと望んでおりますが、一方で教皇よりかかる事業に取り掛かるよう命じられつつも、身体的にも精神的にも束縛されているユリウス二世のこの仕事から完全に解放されない限り教皇にお仕えすることができず、親愛なる教皇に件の墓廟の仕事から彼を完全に解放するように高名なウルビーノ公と交渉して彼と公の間にあるあらゆ責務を無効にして頂きたく懇願するのは、教皇のために仕事をしようと決心しているからであります。」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



塾長プロフィール
クリニック開業支援

阿部 毅
1972年生まれ。英検1級TOEIC985点(自己ベスト) TOEIC SWスコア S180点 W200点。早稲田大学文学部卒、東京藝術大学大学院にて博士号取得。 予備校や学習塾での英語講師やギャラリーでの国際業務を経験。その他、大手企業の英語研修の教材作成などの仕事にも携わる。

▲このページのトップへ