英会話スクールのメリットとデメリット

2014年12月23日 火曜日  カテゴリー: その他

英会話スクールはもちろん英語で会話が出来るようになることを目的としたスクールです。多くの場合はネイティブスピーカーが教えています。

様々なメリットとデメリットがあるので私なりの視点で検証してみようと思います。

ネティブスピーカーの最大のメリットは自然な英語を話すという点です。また、海外へ行った経験がない人や少ない人は、ネイティブスピーカーと接することで日本にいながら外国人のものの考え方や習慣を知ることができるでしょう。それらは外国人と接することでしか得られないものだと思います。

それでは英語はネイティブに習えば良いのかというと、デメリットもいろいろとあります。まず、日本に来ている英会話講師のほとんどが外国人に英語を教える正式なトレーニングを受けていないため、文法の説明などが体系的にできません。大手英会話スクールではいまだにワーキングホリデー感覚で日本にきたお気軽外国人を「講師」として採用しているところが多いようです。

さらに、多くの英会話スクールでは場面別の会話練習をテキストに沿って行ないます。「買い物」、「空港」、「ホテル」、「レストラン」、「休みの過ごし方」などお決まりのシチュエーションのなかで学校の教科書では出てこない英語の自然なフレーズなどを学ぶことができます。しかし、ここでもひとつの限界があります。テキストに出てきたフレーズを自分なりにアレンジしていくには、文法の法則性が分かっていないとできないのです。多くの英会話受講生が英語の応用力を身に付けることなく英会話スクールを後にするのは、ここに理由があります。

それでも英会話スクールに人気があったのには理由があります。最大の理由は学校の英語教育への不満と反発にあると私は思っています。中学や高校の英語は、英語が使えるような教育をしてきませんでした。学校の一教科として点数がつけられるだけの括弧付きの「英語」を教えている場合がほとんどだったと思います。いつの間にか「受験英語」という実際には使えないけれど受験のためには必要な「英語」というレッテルを貼られ、忌み嫌われる存在となったのが学校教育の英語だったと思います。

それに対して英会話スクールには外国の空気が流れていました。常に笑顔で接してくれるフレンドリーな外国人講師は、自分が海外へ行って実際に英語を駆使して旅行や仕事を楽しいんでいる夢を見させてくれたのだと思います。英会話スクールが下火になってきた現在でも、こうした構図は残っていると思います。

多くの英会話スクールでは講師と生徒のプライベートでの交流を禁止していますが、実際には外国人講師と友達となり交流を深めているケースも多いです。それは講師の側も日本人との交流を求めている部分があるからです。教室外の交流では教室で教えられないようなスラングなども学べ、「ああ、そんな言葉を映画で聞いたことがあるな」とさらに生の英語に触れたような楽しさがあります。女性の生徒ならばそのまま外国人講師と結婚して海外で生活などというパターンを何度も見てきました。それはそれでひとつの異文化交流の形なのでしょう。

こうしたことで英語を学ぶモチベーションが高まれば、それはそれで良いことだと思います。しかし、そうした感覚的な部分で満足してしまい、実際の英語力はあまり伸びていないという人も非常に多く見てきました。外国語を上達させるには、結局は勉強するしかないのです。

私がいまでも違和感を覚えるのは学校で習う「英語」と「英会話」が、あたかも別のものとして存在している印象を抱かせる点です。それは同じ英語なのではないのかと思う次第です。しかし、これは英会話スクールの問題ではなく学校側が英語を学ぶ魅力を伝え切れていない点にあるのでしょう。

英会話スクールにはメリットもあればデメリットもあります。その時の自分の目的に合っていれば対費用効果を考えて習いにいく価値はあると思います。最近ではスカイプを使ったオンライン英会話が多くコスト的には従来の英会話スクールと比べると破格の値段です。ただ値段の安いところはフィリピン人講師がほとんどで、白人講師はオンラインでも高めに設定されています。

オンライン英会話では従来の英会話スクールが持っていたプチ留学的な空気感はあまり楽しめないと思います。ある程度、英語ができる中上級者が会話の練習をするのに使うのが効果的なのではないかと思っています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・