動詞の意味が似ているのに異なる前置詞を使うもの

2016年3月6日 日曜日  カテゴリー: 英語学習のヒント

こんばんは。

 

最近大学受験の問題教えていて、こういうのって紛らわしいな~というのがあったので、それをいくつか。

例えば、前置詞問題というのは日本人にとって紛らわしいのが多いのですが、特に動詞で意味が似ているのに一緒に使われる前置詞が違うものは要注意。

 

pay と spend はどちらも「お金を使う」という意味で使えますが、

pay  お金  for  買ったもの

spend  お金  on  買ったもの

という異なる前置詞が使われます。

 

大学受験の問題は意地悪なので、大体、前置詞の部分が虫食いで(         )になっていて4択の選択肢には、for と on の両方があったりします。

例えば、

At the store, she paid 50 dollars (           ) the new shoes.

1. on      2. with     3. in     4. for

とか

Most people spent huge money (        ) health and education.

1. for      2. by     3. on      4. at

みたいな感じです。

 

他にも

recover と cure は動詞でそれぞれ「病気から回復する」「病気を治す」という意味で使われます。微妙に意味は違いますが、こういう意味が極めて近い単語というのも要注意です。

人  recover from  病気

医者や薬や治療法  cure  人  of  病気

というパターンです。

 

例題を作ってみると、

The patient was cured (          ) pneumonia.

1. from     2. by     3. of      4. through

こういう問題などは思わず from 選びたくなったりします。

さらに、この問題をより難しくしている背景知識としては、

die of  病気

die from  怪我

という die の用法が of と from で使い分けられているからというのも無関係でないように思います。

さらに、of と from は、

out of  場所

from  場所

でどちらも「~から」(out of ~は「中から外へ」の意味)と訳すことができるので、なんとなく同じイメージで頭の中でとらえている場合が少なくないかもしれません。

英単語や英語表現はイメージ連鎖を使うと効果的に覚えられるのですが、そのイメージの連鎖を攪乱するようなものも存在するのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

  • 英検対策で抜群の合格実績!

    画像をクリック

    英検対策ならお任せください。例えば「英検2級の二次対策なら○○と○○がポイント」のように、やるべことは決まっています。

    以下のどれかに当てはまる方は画像をクリックしてください。

    • 英作文が書けない
    • リスニングが苦手
    • スピーキングに自信がない
    • 長文読解のスピードが上がらない
    • S-CBTの対策がしたい
    • 語彙問題で半分くらい間違える
    • 受験に英検の資格が必要
    • 英検で英語の実力を測りたい
    • どうしても二次試験に受からない

     

    Eigojuku英語塾では英検対策を個別指導で数百人合格へ導いてきた塾長の阿部が自ら個別指導します。各級の各設問で何がポイントで、どこまで出来れば合格できるのかを把握しています。

    英検でお困りのことがあれば、何でもご相談ください