中高生が間違え易いポイント④

2012年11月26日 月曜日  カテゴリー: 中高校生が間違え易いポイント

中高生が間違え易いポイントの④です。

 

今回は代名詞のitとoneの使い分けについて。

 

多くの中高生にとってitは「それ」、oneは「ひとつ」という意味で頭にインプットされているかと思いますが、基本的な理解はそれで間違っていません。

 

ただ実際に教えていると、それを文章のなかでちゃんと考えて使い分けられているかが実に曖昧なことが多いのです。

 

この違いを「ジャイアン」と「のび太」に登場してもらい説明します。

 

ジャイアン:「おお、のび太、いい時計もってるじゃないか。それ、よこせ!」

 

これを英文にすると

 

Nobita, you have a nice watch! Give it to me.

 

となりitが使われます。ジャイアンはまさにのび太がもっている時計が欲しいのです。

 

次に

 

のび太:「ねえ、ママ、スネオが新しい腕時計もっていたんだよ。僕にもひとつ買って~」

 

というセリフを英文にすると

 

Mom, Suneo has a new watch! Please buy me one, please.

 

みたいに文中ではoneが使われます。これはのび太はスネオが持っていた腕時計そのものが欲しいのではなく、スネオが持っていたような新しい腕時計が欲しいからです。

 

ズバリ、itとoneの使い分けは、それが指し示しているものが「特定のもの」かどうかで決まるのです。

 

itならば、前に出た名詞そのものを、oneなら前に出た名詞が意味する同種のものを指すことになります。

 

これをしっかり文中で判断して使い分ければ大丈夫です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • 英検対策で抜群の合格実績!

    画像をクリック

    英検対策ならお任せください。例えば「英検2級の二次対策なら○○と○○がポイント」のように、やるべことは決まっています。

    以下のどれかに当てはまる方は画像をクリックしてください。

    • 英作文が書けない
    • リスニングが苦手
    • スピーキングに自信がない
    • 長文読解のスピードが上がらない
    • S-CBTの対策がしたい
    • 語彙問題で半分くらい間違える
    • 受験に英検の資格が必要
    • 英検で英語の実力を測りたい
    • どうしても二次試験に受からない

     

    Eigojuku英語塾では英検対策を個別指導で数百人合格へ導いてきた塾長の阿部が自ら個別指導します。各級の各設問で何がポイントで、どこまで出来れば合格できるのかを把握しています。

    英検でお困りのことがあれば、何でもご相談ください