単語の覚え方①イメージの連鎖

2018年9月30日 日曜日  カテゴリー: 単語の覚え方

こんにちは

英語学習者にとっての永遠のテーマのひとつは何といっても、単語学習です。

単語は初級学習者のみならず、上級学習者にとっても終わりのない学びの分野で、いつまでたっても知らない単語が次から次へと出てくるものです。

そんな単語学習の効率的学びかたについて、私なりに気づいていることを少しずつまとめてみようと思います。

単語学習の基本ルールは「単語のネットワーク」を頭の中に作り上げることです。

ある単語とある単語が同じ頭の引き出しの中に入っているところをイメージしてください。それらの単語は意味的に関連しあっていたり、音が似ていたりと何等かの関連性を強くもっています。

そして、一つの引き出しの中に入っている単語の数が増えるほど、それらの単語は相互に結びついて記憶に定着しやすくなるのです。これが、あなたの頭の中の「単語のネットワーク」です。

逆に単語を全てバラバラに記憶しようとすると、脳へ負荷がかかり過ぎて単語の印象も薄れがちです。

これはコンピューターに例えると、同じ種類のファイルを圧縮してハードディスクやCPUへの負担を軽くしているような感じでしょうか。脳の中の記憶領域がハードディスクで頭の働きがCPUと考えると分かりやすいですね。

それでは、今日のテーマですが、「イメージの連鎖」を利用して単語を覚える方法です。

分かりやすく、基本単語で説明します。

中1で習った、go, come, take, bringという単語は皆さんご存知のはずです。

そして、これまで英語を教えてきた経験から、これら4つの単語をバラバラで覚えている英語学習者は驚くほど多くいるように思います。

goとcomeという基本単語ですら使い分けが良くわからないという人は、大人でも珍しくありません。

下の図を見てください。

goとtake、comeとbringはそれぞれイメージとしてグループ化できる。

goというのは、話者にとってその時の中心となっているものから離れていくイメージです。例えば、自宅から目的地に向けて出ていくのは、典型的なgoのイメージです。

comeは、goの反対です。話者にとってその時の話題の中心となっている場所へ向かってくるイメージです。

例えば、自宅にいる人に向かって電話で「そちらに向かっているところだ」と伝える場合は、I’m coming home.になります。ここで、goingを使ってしまう日本人はすごく多いと思います。

さらに、ここからが「イメージの連鎖」を利用した単語学習の本領発揮です。

goのイメージに人を連れていく、モノを持っていくを重ねてください。それが、takeです。

反対に、comeのイメージに人を連れてくる、モノを持ってくるを重ねると、bringになります。

これで4つの単語がネットワークで繋がりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • 英検対策で抜群の合格実績!

    画像をクリック

    英検対策ならお任せください。例えば「英検2級の二次対策なら○○と○○がポイント」のように、やるべことは決まっています。

    以下のどれかに当てはまる方は画像をクリックしてください。

    • 英作文が書けない
    • リスニングが苦手
    • スピーキングに自信がない
    • 長文読解のスピードが上がらない
    • S-CBTの対策がしたい
    • 語彙問題で半分くらい間違える
    • 受験に英検の資格が必要
    • 英検で英語の実力を測りたい
    • どうしても二次試験に受からない

     

    Eigojuku英語塾では英検対策を個別指導で数百人合格へ導いてきた塾長の阿部が自ら個別指導します。各級の各設問で何がポイントで、どこまで出来れば合格できるのかを把握しています。

    英検でお困りのことがあれば、何でもご相談ください