ニュースで英語(5)楽しいはずの綱引きが・・・

2013年2月7日 木曜日  カテゴリー: ニュースで英語

こんばんは

 

ニュースで英語、今日は綱引きが思わず事故につながってしまったちょっと信じられないような話。

 

During Spirit Week at South El Monte High School outside of Los Angeles, Edith Rodriguez and Pablo Ocegueda were playing tug-of-war when the rope snapped. The rope had wrapped around the hands of Rodriguez and Ocegueda, so when it snapped, several of their fingers were severed.

 

●用語解説
tug-of-war: 綱引き
snap: プツンと切れる
wrap: 巻きつく、くるまる
sever: 切断する

 

●日本語訳
「ロスアンジェルスの外側に位置するサウス・エル・モンテ高校でのスプリットウィーク中のこと、エディス・ロドリゲスとパブロ・オセゲダが綱引きを楽しんでいるときにロープがプツンと切れた。そのロープはロドリゲスとオセゲダの手に巻きついていたものだった。それでロープが切れたときに、彼らの何本かの指が切断されたのだった。」

 

●総評
文法的には特に難しいところはないです。ただ一点、時制で注意すべき個所が”The rope had wrapped around the hands of Rodriguez and Ocegueda, so when it snapped, several of their fingers were severed.” ロープはプツンときれた(snapped)の時点ですでにロープは二人の手に巻き付いていたので(had wrapped)と過去完了が使われている点に注意です。
tug-of-war「綱引き」などの日常的な単語は日本で英語を習得した人には馴染みが薄い場合が多いので、こういう記事を読んだときに覚えてしまうのがいいと思います。sever「切断する」 は形容詞の severe「厳しい」と似ているので注意です。発音もsever「セヴァー」、severe「セヴィア」と違います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • 英検対策で抜群の合格実績!

    画像をクリック

    英検対策ならお任せください。例えば「英検2級の二次対策なら○○と○○がポイント」のように、やるべことは決まっています。

    以下のどれかに当てはまる方は画像をクリックしてください。

    • 英作文が書けない
    • リスニングが苦手
    • スピーキングに自信がない
    • 長文読解のスピードが上がらない
    • S-CBTの対策がしたい
    • 語彙問題で半分くらい間違える
    • 受験に英検の資格が必要
    • 英検で英語の実力を測りたい
    • どうしても二次試験に受からない

     

    Eigojuku英語塾では英検対策を個別指導で数百人合格へ導いてきた塾長の阿部が自ら個別指導します。各級の各設問で何がポイントで、どこまで出来れば合格できるのかを把握しています。

    英検でお困りのことがあれば、何でもご相談ください