「すみません」という表現について思うこと

2013年2月18日 月曜日  カテゴリー: 英語学習のヒント

こんばんは。

 

ふと思いついたことを書きます。

 

日本語の「すみません」というのは英語と比較すると不思議ですね。Excuse me. と I’m sorry. の間を行き来している。確かに英語話者の目線でみると、こういう違いに接した場合に「日本語は曖昧だ」とか「日本人は分かりづらい」ということになるのも頷けます。

 

しかし、我々日本人は「すみません」をExcuse me.の意味でも、I’m sorry.の意味でも違和感なく日常で使っている。ということは英語では二つに分かれてしまっている表現の間には共通するものがあるってことでしょう。

 

私がここで「ふと」思ったことは、日本人はとりわけ欧米人から何か批判を受けると国際基準からダメだしを受けたように錯覚してしまう傾向があるのではないかということ。日本語が曖昧だという批判を外国人目線で受け入れる前に、自分たち日本人の感覚に自信をもってそれを冷静に分析してみたらいいのではないでしょうか。

 

きっと国際基準や国際感覚と日本人固有の感性を日本人自身が相対化できたときに、日本はもっと国際化してくるはず。英語はそのための手段ですね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • 英検対策で抜群の合格実績!

    画像をクリック

    英検対策ならお任せください。例えば「英検2級の二次対策なら○○と○○がポイント」のように、やるべことは決まっています。

    以下のどれかに当てはまる方は画像をクリックしてください。

    • 英作文が書けない
    • リスニングが苦手
    • スピーキングに自信がない
    • 長文読解のスピードが上がらない
    • S-CBTの対策がしたい
    • 語彙問題で半分くらい間違える
    • 受験に英検の資格が必要
    • 英検で英語の実力を測りたい
    • どうしても二次試験に受からない

     

    Eigojuku英語塾では英検対策を個別指導で数百人合格へ導いてきた塾長の阿部が自ら個別指導します。各級の各設問で何がポイントで、どこまで出来れば合格できるのかを把握しています。

    英検でお困りのことがあれば、何でもご相談ください