高校生が間違え易いポイント⑨

2013年3月5日 火曜日  カテゴリー: 中高校生が間違え易いポイント

こんにちは、久しぶりに間違え易いポイントです。

 

今日取り上げるのは、疑問詞の強調構文

 

去年の12月に強調構文の基本について書きましたが、今日はその応用編で疑問詞を強調する場合。よって中学生は対象にならないので、「高校生の間違え易いポイント」としてまとめます。

 

まず、普通に疑問文を作ってみます。

 

What prevented your team from participating in the soccer tournament?

 

「どうして君たちのチームはそのサッカーのトーナメントに参加できなかったんだ」

 

そして、強調構文の基本である it is ~ that の枠組みを上の文に組み込んでいきます。「~」の部分に強調したい単語を入れるのでしたね。すると、以下のようになります。

 

It was what that prevented your team from participating in the soccer tournament?

 

はい。しかし、このままでは疑問文として語順がおかしいですね。注目すべきは前半のパートです。

 

It was what ~ となっていることに注目。動詞はbe動詞が使われていて疑問詞がある。

 

つまり、 What was it?

 

「それって何だったの?」

 

という語順にならなければいけません。

 

ここでは疑問文の作り方の基本通り、be動詞の疑問文はbe動詞と主語を入れ替える。そして、疑問詞は文頭に置く。

 

そして、全体を書いてみると、

 

What was it that prevented your team from participating in the soccer tournament?

 

「いったい全体どうして君たちのチームはそのサッカーのトーナメントに参加できなかったんだい?」

 

というのが正解です。

 

今、順番を追って説明したのでそれほど難しく感じなかったかもしれませんが、これが並べ替え問題などで出題されるとほとんどの高校生がお手上げ状態になります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • 英検対策で抜群の合格実績!

    画像をクリック

    英検対策ならお任せください。例えば「英検2級の二次対策なら○○と○○がポイント」のように、やるべことは決まっています。

    以下のどれかに当てはまる方は画像をクリックしてください。

    • 英作文が書けない
    • リスニングが苦手
    • スピーキングに自信がない
    • 長文読解のスピードが上がらない
    • S-CBTの対策がしたい
    • 語彙問題で半分くらい間違える
    • 受験に英検の資格が必要
    • 英検で英語の実力を測りたい
    • どうしても二次試験に受からない

     

    Eigojuku英語塾では英検対策を個別指導で数百人合格へ導いてきた塾長の阿部が自ら個別指導します。各級の各設問で何がポイントで、どこまで出来れば合格できるのかを把握しています。

    英検でお困りのことがあれば、何でもご相談ください