TOEICのスコア

2012年11月9日 金曜日  カテゴリー: TOEIC

こんにちは

 

私が自分で英語の専門塾を開くにあたってどうしてもやってみたかったのがTOEICの指導でした。
これほどまでTOEICが普及したのはやはり国際化の波で英語力の共通の指標が必要になったからにほかなりません。
それが英検ではなくTOEICだったのはどうしてなのか、色々な理由が考えられるでしょう。

 

私なりの考えをまとめると、英検は各級の難易度の差が明確で合格か不合格しかないのに比べて、TOEICはその中間の段階をすべて数値化されたスコアで表すことができます。
英検よりも微妙で細かい判定がされていると言えなくもないのです。
少なくとも受験者にそう感じさせることができる形式の試験ではないかと思います。

 

またTOEICはアメリカ留学に必要なTOEFLと同じ団体が試験を作成しているために、世界で通じる英語力の証明というTOEFLとの相関的なイメージも作用しているかもしれません。
純国産の英検よりも、アメリカの非営利団体が作成した試験のほうが「正統派」と感じる人もいるかもしれません。

 

真偽のほどはどうであれ、ここまで普及してしまうと無視できない試験です。

 

そして、スコアのことに少し触れますと、本などを書いている有名TOEIC講師のほぼ全員がTOEICの満点である990点を取っています。
私も990点をとってから自分で塾を開こうと考えていたのですが、惜しくも980までしか取れていません。
第一線でやられているTOEIC講師の方たちは試験をほぼ毎回受験して満点連続何回なんていうのを公表していたりします。
たしかにTOEIC講師の資質を証明するには最も分かり易いやり方かもしれません。

 

私もTOEICを教える以上は満点を目指します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • 英検対策で抜群の合格実績!

    画像をクリック

    英検対策ならお任せください。例えば「英検2級の二次対策なら○○と○○がポイント」のように、やるべことは決まっています。

    以下のどれかに当てはまる方は画像をクリックしてください。

    • 英作文が書けない
    • リスニングが苦手
    • スピーキングに自信がない
    • 長文読解のスピードが上がらない
    • S-CBTの対策がしたい
    • 語彙問題で半分くらい間違える
    • 受験に英検の資格が必要
    • 英検で英語の実力を測りたい
    • どうしても二次試験に受からない

     

    Eigojuku英語塾では英検対策を個別指導で数百人合格へ導いてきた塾長の阿部が自ら個別指導します。各級の各設問で何がポイントで、どこまで出来れば合格できるのかを把握しています。

    英検でお困りのことがあれば、何でもご相談ください