ブログ

TOEIC Speaking Test

2018年12月21日 金曜日  カテゴリー: TOEIC

こんにちは

現在、冬期講習の真っ最中です。

忙しい中、先日受験したTOEIC Speaking Testの結果がでました。

TOEICは現在L, R, S, Wと4技能テストできるバランスの良いテストになっていますが、L, Rが以前からあったいわゆる「TOEIC」でいまだにTOEICといえば、こちらの試験を指すのが一般的だと思います。

ちなみに、LがListening、RがReading、SがSpeaking、WはWritingのことです。

LとRはセットで受験することしかできませんが、SとWに関しては実は別々に受験が可能です。より正確に言うと、SとWを一緒に受けるか、あるいはSだけ受けるかです。(Wを単独では受験できません。)

Sの単独受験は後からできたもので、しかも受験できる地域がかなり限定されていました。たしか、東京、大阪などの大都市限定だっと思います。

それが最近になって、私の住んでいる神奈川県でもTOEICのSpeakingのみの受験が可能になったのです。

ということで、神奈川県内の会場にSpeaking Testのみを受けに行ってきました。

実はこのスピーキングテストは、私がTOEICの4技能のなかで唯一満点を取ったことがないセクションなのです。

L,Rに関してはプロフィールに985点となっていますが、別々のテストでLとRそれぞれ満点をとっています。

私としては、今後の英語4技能化で日本人英語講師もスピーキングの指導がしっかりできないとダメだと考えています。

従来のようにネイティブまかせにならないように、せめてTOEICのスピーキングテストで満点をとれるまでは技術を上げようと思っております。

結果は自己ベスト更新ならずで200点満点中180点でした。めげずにまた挑戦しようと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


英検合格者2018年第2回

2018年12月12日 水曜日  カテゴリー: 英検

こんにちは

発表が遅くなりましたが、先日、今年の第2回英検合格者が出そろいました。

高2 F.Sくん 2級合格

今回は受験者が少なかったこともあり、1名のみ合格です。

F.Sくんは今年の初めに準2級合格後、続けて2級受験。一次試験は合格するもの2次の面接で1点差で不合格(意外とよくあります!)。

今回2度目の受験で合格でした。

F.Sくんの場合、頭の中で英文を完全に作ってから話し出そうとする日本で英語を学習した典型的な中高生の特徴が強く出ていました。そのため、どうしても解答までの時間がながくなり、会話には不自然な沈黙の時間ができてしまいます。

こういうタイプの生徒の場合は、とにかく簡単な英語で簡単な文を即興で作るように指導していきます。正直、中1、中2レベルの英単語と英文法を完璧に使いこなせれば、英検2級の面接は難なく突破できます。

ポイントは難しい単語や文法を使えるかではなく、相手の質問にきちんと対応したかたちで、自然な会話に必要なタイムリーな受け答えができるかどうかです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


冬期講習のご案内(2018年)

2018年11月13日 火曜日  カテゴリー: 新着情報

例年通り、個別指導にて冬期講習生を募集します。

講習生は1コマ単価4200円として4コマよりお申込みいただけます。8コマ以上受講でコマ単価は3700円になります。先生1人に生徒2人までの個別指導とします。(冬期講習のみ受講の講習生には入塾金は掛かりません。)

講習期間:12月17日(月)~1月5日(土)
時間割:1:50~、3:00~、4:30~、5:45~、7:25~、8:40~
対象:中学生、高校生

 

冬期講習日程
12月
17日(月)18日(火)19日(水)20日(木)21日(金)22日(土)24日(月)25日(火)26日(水)27日(木)28日(金)

 

1月
4日(金)5日(土)

 

※年末年始の休校期間は 12/29(土)~1/3(木) です。

また塾生は1/4(金) より新年の通常授業を開始します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


10月生募集中

2018年10月3日 水曜日  カテゴリー: 新着情報

こんにちは

 

10月生募集中です。

現在5時以降の夕方枠での空き状況です。

月曜日:8時40分~

火曜日:5時45分~、7時25分~、8時40分~

木曜日:5時45分~、7時25分~

土曜日:5時45分~、7時25分~

早い時間帯にも空いているコマがありますので、ご相談ください。

また、無料の体験授業も一回できますので、お気軽にお問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


単語の覚え方①イメージの連鎖

2018年9月30日 日曜日  カテゴリー: 単語の覚え方

こんにちは

英語学習者にとっての永遠のテーマのひとつは何といっても、単語学習です。

単語は初級学習者のみならず、上級学習者にとっても終わりのない学びの分野で、いつまでたっても知らない単語が次から次へと出てくるものです。

そんな単語学習の効率的学びかたについて、私なりに気づいていることを少しずつまとめてみようと思います。

単語学習の基本ルールは「単語のネットワーク」を頭の中に作り上げることです。

ある単語とある単語が同じ頭の引き出しの中に入っているところをイメージしてください。それらの単語は意味的に関連しあっていたり、音が似ていたりと何等かの関連性を強くもっています。

そして、一つの引き出しの中に入っている単語の数が増えるほど、それらの単語は相互に結びついて記憶に定着しやすくなるのです。これが、あなたの頭の中の「単語のネットワーク」です。

逆に単語を全てバラバラに記憶しようとすると、脳へ負荷がかかり過ぎて単語の印象も薄れがちです。

これはコンピューターに例えると、同じ種類のファイルを圧縮してハードディスクやCPUへの負担を軽くしているような感じでしょうか。脳の中の記憶領域がハードディスクで頭の働きがCPUと考えると分かりやすいですね。

それでは、今日のテーマですが、「イメージの連鎖」を利用して単語を覚える方法です。

分かりやすく、基本単語で説明します。

中1で習った、go, come, take, bringという単語は皆さんご存知のはずです。

そして、これまで英語を教えてきた経験から、これら4つの単語をバラバラで覚えている英語学習者は驚くほど多くいるように思います。

goとcomeという基本単語ですら使い分けが良くわからないという人は、大人でも珍しくありません。

下の図を見てください。

goとtake、comeとbringはそれぞれイメージとしてグループ化できる。

goというのは、話者にとってその時の中心となっているものから離れていくイメージです。例えば、自宅から目的地に向けて出ていくのは、典型的なgoのイメージです。

comeは、goの反対です。話者にとってその時の話題の中心となっている場所へ向かってくるイメージです。

例えば、自宅にいる人に向かって電話で「そちらに向かっているところだ」と伝える場合は、I’m coming home.になります。ここで、goingを使ってしまう日本人はすごく多いと思います。

さらに、ここからが「イメージの連鎖」を利用した単語学習の本領発揮です。

goのイメージに人を連れていく、モノを持っていくを重ねてください。それが、takeです。

反対に、comeのイメージに人を連れてくる、モノを持ってくるを重ねると、bringになります。

これで4つの単語がネットワークで繋がりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


塾長プロフィール
クリニック開業支援

阿部 毅
1972年生まれ。英検1級TOEIC985点(自己ベスト) TOEIC SWスコア S180点 W200点。早稲田大学文学部卒、東京藝術大学大学院にて博士号取得。 予備校や学習塾での英語講師やギャラリーでの国際業務を経験。その他、大手企業の英語研修の教材作成などの仕事にも携わる。

▲このページのトップへ