その他

文構造の発見

2013年3月23日


こんばんは

 

最近、ホームページを大きく変えました。
といっても基本的なテーマは変わらず、記事を増やしたりしただけですが。

 

このホームページはホームページの制作会社に頼んで作ってもらったのですが、更新は全て自分でやっています。もちろん頼めばやってもらえるのですが有料になってしまいます。

 

料金的には文章を少し変えたりするだけでも5,000円~ということだったので安くはないです。
ちょくちょく細かいところを変更する度に頼んでいたら大変です。

 

それで最初は細かいところをちょこちょこ直す程度だったのですが、だんだん直し方が分かってくると、ここに写真を入れたいなとか、新しいテーマで記事を書く欄を増やしたいなと色んな欲がでてきます。

 

私はパソコンを使うこと自体は不得手ではなかったのですが、ホームページを作るためのHTMLという言語はまったく知りませんでした。しかしマウスを右クリックして「ソースを表示」して、いろいろなページを見たりして自分なりに実験をしていくとHTMLという言語がだんだん分かってきたのです。

 

ときどき、このタグはなんだろうとネットで検索などはしましたが、HTMLの専門書を読んだことは一度もありません。それでも見よう見まねでなんとか色々な更新ができるようになってきています。

 

ふと思ったのが、これはホームページを更新するという必要性に駆られて自然とHTMLの「文法」を自分なりに学んでいたのだなと気付きました。

 

<>~</>というのがどうも基本のセットらしく、<>のなかに色々な命令が書かれているということがくまなくページのソースをみると分かってくるのです。

 

いろいろな「文章」に触れて、そこから共通する法則性を見つけるということは英語の文法の学習と同じです。「ああ、分かった。この文とこの文は同じ構造だ。」「だから、こういう場合もこう書けばいいだな」という観察と発見があって、ひとつの文のパターンというものが身についてきます。

 

自分が英語を学習してきたことがHTMLの構造を見抜くことにつながったのかどうかは分かりませんが、少なくともそこに共通する言語の認識プロセスはあったと思います。外国語を学び身に付けるということは、なにがしかの副産物ももたらしてくれるものなのかもしれません。

ネットでお問い合わせ

プロ講師による個別指導 Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403

-その他

登録特典 中高生向け英語マスターガイドPDF
LINEに登録して問い合わせ
登録特典 中高生向け英語マスターガイドPDF
LINEに登録して問い合わせ