英語学習のヒント

無意識に間違えてしまうアクセントの位置【鎌倉 英語塾】

2013年2月5日


こんにちは。

 

今日は、無意識のうちに間違えてしまう英語のアクセントについて書きます。

 

普段、我々は日本語を話しているときはアクセント(強勢)というものをあまり意識していないと思います。日本語は基本的には強いアクセントが必要ないです。

 

しかし、例えば「箸」と「橋」を区別する場合、箸の場合は「ハ」に、橋の場合は「シ」に僅かにアクセントを置いて区別していると思います。

 

「雨」と「飴」の場合も同じで、雨ならば「ア」に、飴ならば「メ」に軽くアクセントを置いているはずです。

 

そこで、今一度アクセントに注目してみると、カタカナの中には英語修得に非常に悪影響を及ぼすものがあるなと思いました。しかも、日常的な言葉の中に。

 

例えば、

 

ホテル

 

カタカナで「ホテル」という場合、最初の「ホ」に軽くアクセントを置いていませんか?少なくとも私は日本人がカタカナの「ホテル」を発音している場合に、「テ」や「ル」にアクセントが落ちているのを聞いたことがありません。

 

しかし、

 

hotel

 

の英語のアクセントは単語の後半にきます。つまり「テ」が強く読まれるのです。

 

次に、

 

パターン

 

カタカナでは普通、「タ」にアクセントが来ています。「パ」にはきません。

 

しかし、

 

pattern

 

という英語は最初の音節にアクセントがくるのです。つまり、「パ」が強く読まれるのが正しいのです。

 

これらは日本人が生活習慣の中で自然と身に付けてしまった発音です。カタカナは英語であって英語でないのです。Facebookページではカタカナの諸問題について連載しています。ご興味あれば、ここをクリック

 

ネットでお問い合わせ

プロ講師による個別指導 Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403

-英語学習のヒント

登録特典 中高生向け英語マスターガイドPDF
LINEに登録して問い合わせ
登録特典 中高生向け英語マスターガイドPDF
LINEに登録して問い合わせ