その他

侍ジャパン

2013年3月18日


こんばんは。

 

今日の侍ジャパン残念でしたね。

 

一回負けたら終わりというあの緊張感、見ごたえがあります。

 

ペナントレースだとどうしてもコアな野球ファンしか見ないけれど、WBCのような数年に一回の大きな国際試合となると国を挙げてのイベントなので国民がひとつになれる一体感があって好きです。

 

本当の野球ファンはにわか野球ファンが増えるみたいで嫌かもしれませんが、私はサッカーや野球、あとはバレーや柔道など、大きな国際試合でないとむしろ集中して見られないです。

 

私は自分の人生でとくにひとつのスポーツを一生懸命やってきたわけではないので、贔屓にしている特定のスポーツというのはないのですが、国際試合は特別なんですよね。

 

国威発揚というか、自分が日本人であるということをテレビのブラウン管を通してでも無条件に感じられるのが、ある種の快感なんだと思います。

 

英語では、

 

a sense of belonging

 

という言い方があって、自分が何かに属しているという意識、「帰属意識」を意味する表現です。

 

私がWBCなどを見て感じている感覚というのはまさに自分が日本人というカテゴリーに属しているという「帰属意識」なのでしょうね。

 

これが過激になると排他的なナショナリズムになるわけですが、スポーツというのはそのあたり爽やかに感じさせてくれるのがいいですね。

ネットでお問い合わせ

プロ講師による個別指導 Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403

-その他

登録特典 中高生向け英語マスターガイドPDF
LINEに登録して問い合わせ
登録特典 中高生向け英語マスターガイドPDF
LINEに登録して問い合わせ