ニュースで英語(4)ダーティー・ハリーの息子さんは・・・

2013年2月2日 土曜日  カテゴリー: ニュースで英語

こんにちは

 

今日は、本当に暖かい天気ですね。

 

ニュースで英語、今日はハリウッドの俳優で映画監督としても才能を発揮しているクリント・イーストウッドの息子さんの記事から。

 

From the hair line to the one-sided grin to the nose and even his expression lines — the 26-year-old is following in his father’s footsteps in more ways than one: Scott is also an actor, already with 17 titles to his name.

 

●用語解説
hair line: 髪の生え際のラインのこと。
one-sided grin: grin は「にんまり笑うこと」ここでは one-sided がついているので口角の片方だけをクイっと上げて笑うことを指しています。
expression lines: これは日本語にするのが難しいですが、表情に合わせて口の周りにできる皺(シワ)のこと。
follow in sb’s footsteps: 誰かと同じ道を進むこと。

 

●日本語訳
「髪の生え際から、口角の片方だけを上げる笑い方、鼻の形や表情に合わせて現れる皺のでき方にいたるまで、この26歳の青年が父親の歩んできた道を進むやり方は一様ではない。スコットはまた俳優でもあり、すでに17本のタイトルに出演している。」

 

●総評
まず、解剖学用語というか、上に挙げた身体の特徴を表す表現を抑える必要があります。また、from A to B の構文「A~Bまで」が to~ to~ と to が二つでている点、さらに二つ目の to が and で the nose と even his expression lines を結んでいる点をしっかり押さえます。つまり「from  A to B to C and D」となっているのです。
また、follow in one’s footsteps は普通「親の仕事と継ぐ」などの意味で使われますが、この文では前半で「身体的特徴」や「身振り」を受け継いでいることの意味で使われ、後半で actor という父と同じ「職業」にもついたという「ひねり」のある表現になっています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • 英検対策で抜群の合格実績!

    画像をクリック

    英検対策ならお任せください。例えば「英検2級の二次対策なら○○と○○がポイント」のように、やるべことは決まっています。

    以下のどれかに当てはまる方は画像をクリックしてください。

    • 英作文が書けない
    • リスニングが苦手
    • スピーキングに自信がない
    • 長文読解のスピードが上がらない
    • S-CBTの対策がしたい
    • 語彙問題で半分くらい間違える
    • 受験に英検の資格が必要
    • 英検で英語の実力を測りたい
    • どうしても二次試験に受からない

     

    Eigojuku英語塾では英検対策を個別指導で数百人合格へ導いてきた塾長の阿部が自ら個別指導します。各級の各設問で何がポイントで、どこまで出来れば合格できるのかを把握しています。

    英検でお困りのことがあれば、何でもご相談ください