sheとseaの発音の違い

2013年3月20日 水曜日  カテゴリー: 英語学習のヒント

こんにちは

 

今日は発音で日本人が苦手なポイントについて。

 

She「彼女」
sea「海」

 

の違いは苦手な人が多いと思いますが、カタカナ表記をすると両方とも「シー」となってしまいます。

 

これらの違いについてはインターネットでもいろいろな解説が見つけられますが、私の指摘したいポイントはズバリ「舌先」の位置です。

 

sheは発音記号でみるとsが上下に間延びしたような記号〔ʃ〕になっていますが、この記号の音は舌先をどこにもくっつけません。すると舌の位置がちょうど空気の通り道を邪魔する形でやや太い摩擦音が出ます。

 

seaの音は発音記号でいうと〔s〕という記号になっていますが、この記号の音は舌先を下の前歯の裏側に押し当てます。この押し当てるというところが二つの音を区別するポイントです。すると空気の通り道がきれいにできるため摩擦音が鋭くなります。

 

繰り返しますがポイントは舌先です。二つの摩擦音の太さや鋭さに注意してください。

 

ここで日本語の「さしすせそ」を言ってみて下さい。「し」を言うときに舌先はどこにもついていないと思います。つまり、日本人が英語で「シ」の音をいうと、特別意識しなければsheの「シ」の音になる傾向があると思っていいでしょう。母国語の影響というのは無意識のうちに強くでるものです。

 

Please sit down.「どうぞ、お掛け下さい」と言っているつもりが、Please shit down.になっている。これ、かなりまずいです!

 

練習に最適なものとしてマザーグース出典の早口言葉があります。

 

She sells sea shells by the seashore.
The shells she sells are surely seashells.
So if she sells shells on the seashore,
I’m sure she sells seashore shells.

 

速さに拘るよりは、まずはじっくり二つの音を区別できるように練習してみてください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • 英検対策で抜群の合格実績!

    画像をクリック

    英検対策ならお任せください。例えば「英検2級の二次対策なら○○と○○がポイント」のように、やるべことは決まっています。

    以下のどれかに当てはまる方は画像をクリックしてください。

    • 英作文が書けない
    • リスニングが苦手
    • スピーキングに自信がない
    • 長文読解のスピードが上がらない
    • S-CBTの対策がしたい
    • 語彙問題で半分くらい間違える
    • 受験に英検の資格が必要
    • 英検で英語の実力を測りたい
    • どうしても二次試験に受からない

     

    Eigojuku英語塾では英検対策を個別指導で数百人合格へ導いてきた塾長の阿部が自ら個別指導します。各級の各設問で何がポイントで、どこまで出来れば合格できるのかを把握しています。

    英検でお困りのことがあれば、何でもご相談ください