ニュースで英語(2)高校生のカミングアウト

2013年1月24日 木曜日  カテゴリー: ニュースで英語

こんばんは

 

ニュースで英語いきます。

 

今日はニュージャージー州の高校生の記事から。学校で演劇の賞を受け取る際のスピーチで自分がLGBTであることを発表したのです。

 

Coming out as LGBT is rarely easy, which makes Jacob Rudolph’s story all the more impressive. When the high school student in Parsippany, N.J., came out, he did so in front of the entire school. His classmates responded with a standing ovation.

 

●用語解説
come out: 「カミングアウトする」「(秘密であったことを)公表する」という意味の動詞。
LGBT: Lesbian, Gay, Bisexuality, Transgender の頭文字をとって性的少数者を意味する。
rarely: 「あまり~ない」という意味の副詞
all the more: all the 比較級で「さらに一層~」の意味。
standing ovation: 観衆が立ち上がり拍手喝采をすること。相手を称賛する意味で。

 

●日本語訳
「自分がLGBTであることをカミングアウトすることは生易しいことではない。そして、そのことがジェイコブ・ルドルフの話をより一層印象深いものにした。ニュージャージー州のパーシパニーの高校生がカミングアウトしたとき、彼はそれを全校生徒の前で行ったのだ。彼のクラスメイトたちはそれに立ち上がり拍手喝采をした。」

 

●総評
まず冒頭の文章はComing out as ~が動名詞の主語となっていることに注意。カンマで区切られた非制限用法のwhichは前文全体を先行詞に取れるというのは、高校生でならう英文法ですね。ここでも which は、Coming out ~ easy までを先行詞に取っています。
第二文、When で始まる文は the high school student と came out が少し離れていますが、これがSVです。,N.J., の前後にあるカンマやピリオドにごまかされないようにしましょう。he did so の so は前文の内容を受けています。つまり、did so = came out ということです。
英文としては決して難しいものではありませんが、英語の文章に慣れていないと上に挙げたようなポイントで意味を取り違える可能性があります。文法的なポイントはおさえて読むのが、正確な読みにつながります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・