中学生が間違え易いポイント①

2012年11月10日 土曜日  カテゴリー: 中高校生が間違え易いポイント

今日は中学生が間違い易いポイントについて書きます。

 

なんといっても語順の問題ですね。
特に疑問文の語順です。

 

まず疑問文の基本は動詞を見分けること。
be動詞なのか一般動詞(be動詞以外の動詞)なのかで作り方が変わります。

 

You are happy.

 

 

You use the camera.

 

は主語も同じで三つの要素で文が構成されているのも同じです。

 

しかし、疑問文にすると、

 

Are you happy?

 

 

Do you use the camera?

 

となりbe動詞の文は主語と動詞を入れ替えるだけ。
一般動詞の文は主語に応じてDoやDoesを使い分けます。

 

まず、これが疑問文の基本の基本です。

 

これに疑問詞が入ってきても基本は同じです。

 

疑問詞で始まる疑問文というものはYes/Noで答えられません。
これも非常に重要な疑問文の基礎です。

 

だから「あなたはハッピーですか」という問いに「はい、ハッピーですよ」「いいえ、ハッピーじゃないです」とは言えても「ご機嫌いかがですか」という問いには「はい、いいえ」では答えられません。

 

そうするとこうなります。

 

How are you?

 

ものごとの様子を聞くHowという疑問詞のあとにbe動詞と主語が反転した状態で続きます。

 

また、「あなたはそのカメラを使っているのですか」には「はい」「いいえ」の応答が可能ですが、「あなたは何を使っているのですか」という問いに「はい」「いいえ」は使えません。

 

すると、この文は疑問詞で始めなければならない文だと分かります。

 

つまり、

 

What do you use?

 

となるわけです。疑問詞Whatが文頭にきて、動詞が一般動詞useなのでdoが使われています。

 

これが整理できていない中学生(高校生も)が非常に多いです。
続きはまた。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • 英検対策で抜群の合格実績!

    画像をクリック

    英検対策ならお任せください。例えば「英検2級の二次対策なら○○と○○がポイント」のように、やるべことは決まっています。

    以下のどれかに当てはまる方は画像をクリックしてください。

    • 英作文が書けない
    • リスニングが苦手
    • スピーキングに自信がない
    • 長文読解のスピードが上がらない
    • S-CBTの対策がしたい
    • 語彙問題で半分くらい間違える
    • 受験に英検の資格が必要
    • 英検で英語の実力を測りたい
    • どうしても二次試験に受からない

     

    Eigojuku英語塾では英検対策を個別指導で数百人合格へ導いてきた塾長の阿部が自ら個別指導します。各級の各設問で何がポイントで、どこまで出来れば合格できるのかを把握しています。

    英検でお困りのことがあれば、何でもご相談ください