圧倒的な英語力

2012年11月23日 金曜日  カテゴリー: その他

こんにちは。

 

今日はせっかくのお休みなのに雨ですね。
私のほうは補講をひとつ組んでいます。

 

受験生は今が追い込み、基本的に休みはないものと思って勉強してください。

 

さて、私は住まいが横須賀なのですが、学校も仕事もそこから通ってきました。
都内まで出るにも片道1時間30分くらいは普通です。
この塾を始める直前までやっていた仕事では片道なんと2時間30分もかけていました。

 

すると往復3時間から5時間、電車の乗り継ぎが悪かったり事故があったときなどは往復6時間以上なんてこともありました。

 

で、私が電車に乗っていある間、何をしていたかというと基本的に英語の勉強をしていたのです。
勉強といっても鉛筆とノートを出してカリカリやっていたわけではなく、市販のTOEICの問題集をページを隠しながら解くとか、大好きなポール・オースターの小説を原書で読むとか、他にも英字新聞を毎日読んでいたときもあったし、最近まで頻繁にやっていたことはBBCのポッドキャストが無料なのでそれをMP3プレーヤーで聞いていたりと、そんな感じです。

 

英語講師ならば英語の勉強は仕事でもあり趣味でもあったわけですが、さすがに何年も毎日の電車で、しかも長時間に渡ってそういうことを続けるのはしんどい面もあります。

 

そんなときに私が自分を鼓舞するために心の中でつぶやいていたのが「圧倒的英語力を身に付けよう!」ということでした。今の時代、英語は必要とされている。英語が苦手でこまっている日本人はすごく多い。だから、圧倒的な英語力を身に付ければそれは自分が生きていくための力になるだろう。どんな状況になっても何かしら仕事はあるだろう、と思っていたのです。

 

現在、独立を果たして「圧倒的な英語力」が身に付いたのかと自問すれば、当然”No”なわけです。

 

まだまだ知らない英語の表現、単語はわんさかある、なまりの強い英語は聞き取れない、などなど。

 

それでも以前と比べれば英語力は格段についています。英語が苦手な日本人に文法を基礎から丁寧に教える力ももっています。発音がむちゃくちゃな子にネイティブに通じるレベルの発音指導もできます。英作文が苦手な人に、それはこういう言い方もできるし別の言い方もできますと指導することもできます。

 

自己弁護に聞こえるかもしれませんが、「教える人」は常に「学び続ける人」でなければならないと思います。常に目標に向かう「途上」なのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・