ブログ

中高校生が間違え易いポイント

高校生が間違え易いポイント⑪

2013年8月11日 日曜日  カテゴリー: 中高校生が間違え易いポイント

こんにちは

 

むちゃくちゃに暑い日が続いてますね。
ブログもしばらく更新が途絶えていました。

 

今日は日本語と英語のギャップを利用したひっかけ問題について。
単語レベル的には高校生ですね。

 

英語をまだ十分に修得していない段階では、英文を考えるときに日本語を参照しながら解釈していくのは自然だと思います。本来なら英語は英語のまま理解するというのがいいのですが、中学生から英語の勉強を本格的に始める多くの日本人にとっては限界のある勉強法です。

 

特に英語の文法問題の定番である(   )の空欄を埋めていく形式の問題は、文全体の意味を日本語で把握してから解答に取り掛かる人がほとんどでしょう。出題者も当然、そういうことが分かって問題を作っていくのです。

 

たとえば、

 

All the participants in the meeting (              ) the issue.

 

1. discussed about
2. discussed on
3. discussed
4. discussed for

 

といった問題があったとします。
前半が主部で「その会議のすべての参加者は」となり後半が「その問題」となっています。
選択肢はすべて同じ動詞discuss「議論する」が使われているので、文全体の意味は「その会議のすべての参加者はその問題について議論した」となることが分かります。

 

この問題の正解は(3)なのですが、(1)や(2)を選ぶ人が多くいます。

 

なぜか?理由は明白なのです。
それは日本語で「議論する」という言葉を使う場合に「~について議論する」という言い方がもっとも自然だからです。すると、議論の前についている「~について」はabout(またはon)だなと考えたくなるのです。

 

「~について」=about という認識をもっている受験生は多く、それ自体間違っていないのですが、ここではaboutは不要です。理由はdiscussという動詞の語法によります。discussは他動詞のため前置詞をとらず直接に目的語をとるからです。

 

ここに見られるものは、言わば日本語と英語の間にあるギャップです。
日本語として自然な表現「~について議論する」から英語の”discuss”を考えると罠にはまってしまうのです。

 

似たような例は他にもあるので代表的なものを取り上げると、

 

「~と結婚する」

 

「結婚する」の英語はmarry ですが、日本語では「~と結婚する」と結婚相手を示す言い方が自然なので、「~と」=withだなという類推が自然と働いてしまいます。

 

すると、以下のような問題でミスが起こります。

 

Susan (       ) Rick and moved to his town.

 

1. married with
2. married to
3. married
4. married for

 

これも正解は(3)なのですが、(1)を選ぶ人が多くいます。
marry はやはり他動詞なので前置詞は必要ありません。
文の意味は「スーザンはリックと結婚して彼の町へ引っ越した」

 

あと定番の問題としては、

 

「~に似ている」

 

「似ている」はresembleですが、「~に」と似ている相手を示す言い方が日本語として普通です。すると「~に」=toという類推が働きます。

 

She (     ) her sister and they are sometimes unrecognizable.

 

1. resembles to
2. resembles with
3. resembles
4. resembles for

 

この問題も(1)を選ぶ人が非常に多いのですが、正解は(3)です。
resemble も他動詞なのです。
文の意味は「彼女は姉に似ているので、彼女達はときどき見分けがつかない」となります。

 

この手の問題の対策ポイントは二つです。
1.日本語にごまかされないということ
2.そして英語の動詞の語法をしっかり覚えるということです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


中高生が間違え易いポイント⑩

2013年3月7日 木曜日  カテゴリー: 中高校生が間違え易いポイント

こんにちは

 

中高生が間違え易いポイントの10回目です。

 

今日は名詞の複数形の作り方を整理します。

 

非常に基本的なことで中1で習うのですが、これが意外と複雑で高校生や大人でも正確に覚えている人のほうが稀かもしれません。

 

それでは、さっそく始めます。

 

まず、名詞の複数形は「規則変化」と「不規則変化」がありますが、今日取り上げるのは規則変化のほうだけです。

 

規則変化は語尾に-sがつくのが基本ですね。

 

book→books
bag→bags

 

一見簡単そうですが、ここで既に注意点が一か所あります。
上記の-sは発音が違います。

 

books の-sは「ス」と濁りませんが、bags の-sは「ズ」と濁るのです。

 

区別のポイントは単語の最後の「音」が無声音か有声音かになります。

 

無声音は声帯が震えずに音が作られますが、有声音が声帯が震えて少し太い音がでます。

 

次に、語尾が -s ではなく -es となる例。

 

bus→buses
lens→lenses
dish→dishes
watch→watches
box→boxes

 

などです。

 

ここでのポイントもやはり「音」です。

 

語尾の -s と同じ音や似た音が単語の最後にくると、-es[発音 -iz]となるのです。

 

これは語尾の「ス」「ズ」「シュ」「ジュ」「チュ」などの音と複数形語尾の-sの音が混ざってしまわないように母音を挟んで有声音の「ズ」にすることで、その単語が複数形であることを際立たせているのだと考えられます。

 

そして、最後のポイントに移ります。

 

city→cities
library→libraries

 

これは「子音字+y」で終わる名詞は y を i に変えて-esをつけるというルールです。この規則で注意すべきポイントは「母音+y」にこの規則は適用されないという点です。

 

boy→boys
toy→toys

 

どうしても語尾の -y に注意がいってしまうと、その部分だけをみて y を i に変えている人がいます。要注意です。

 

以上、簡単ではありますが名詞の複数形の作り方でした。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


高校生が間違え易いポイント⑨

2013年3月5日 火曜日  カテゴリー: 中高校生が間違え易いポイント

こんにちは、久しぶりに間違え易いポイントです。

 

今日取り上げるのは、疑問詞の強調構文

 

去年の12月に強調構文の基本について書きましたが、今日はその応用編で疑問詞を強調する場合。よって中学生は対象にならないので、「高校生の間違え易いポイント」としてまとめます。

 

まず、普通に疑問文を作ってみます。

 

What prevented your team from participating in the soccer tournament?

 

「どうして君たちのチームはそのサッカーのトーナメントに参加できなかったんだ」

 

そして、強調構文の基本である it is ~ that の枠組みを上の文に組み込んでいきます。「~」の部分に強調したい単語を入れるのでしたね。すると、以下のようになります。

 

It was what that prevented your team from participating in the soccer tournament?

 

はい。しかし、このままでは疑問文として語順がおかしいですね。注目すべきは前半のパートです。

 

It was what ~ となっていることに注目。動詞はbe動詞が使われていて疑問詞がある。

 

つまり、 What was it?

 

「それって何だったの?」

 

という語順にならなければいけません。

 

ここでは疑問文の作り方の基本通り、be動詞の疑問文はbe動詞と主語を入れ替える。そして、疑問詞は文頭に置く。

 

そして、全体を書いてみると、

 

What was it that prevented your team from participating in the soccer tournament?

 

「いったい全体どうして君たちのチームはそのサッカーのトーナメントに参加できなかったんだい?」

 

というのが正解です。

 

今、順番を追って説明したのでそれほど難しく感じなかったかもしれませんが、これが並べ替え問題などで出題されるとほとんどの高校生がお手上げ状態になります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


中学生が間違え易いポイント⑨

2013年1月15日 火曜日  カテゴリー: 中高校生が間違え易いポイント

こんにちは。

 

しばらく中高生が間違えやすいポイントとして、中学生と高校生をまとめて書いていました。今回は、久しぶりに中学生限定で間違えやすいポイントです。

 

昨日の雪はすごかったですね。

 

新成人の方たちはあいにくの成人式でした。

 

さて、ここで雪に関する英語の表現について一言。

 

「昨日は雪がたくさん降った」という文章が中学生が使う問題集などによくでます。例えば、書き換え問題などで下の二つの文章を穴埋め形式にして出題されることが良くあります。

 

We had a heavy snow yesterday.

 

It snowed heavily yesterday.

 

ここでの注意点は snow という単語が名詞でも動詞でも形が同じだということです。これと同じことが rain にも言えますね。その他、英語には名詞と動詞がまったく同じ形をしている単語が無数にあり、高校生以降、大人になるまで英語学習者を悩ませることになります。

 

また、この書き換え問題では名詞 snow の前には形容詞の heavy が、動詞 snow の後には副詞の heavily が来ていることにも注意です。形容詞は名詞を修飾し、副詞は動詞、形容詞、他の副詞を修飾するのでしたね。形容詞と副詞の使い分けができない中学生も非常に目立ちます。

 

ここで、クリスマス・ソングの名曲”Let it snow”の歌詞を見てみましょう。

 

Oh, the weather outside is frightful,
But the fire is so delightful,
And since we’ve no place to go,
Let it snow, let it snow, let it snow.

 

“Let it snow, let it snow, let it snow.”と三回繰り返されるさびの部分がとても印象的なこの曲ですが、ここでの snow は動詞の原形です。なぜ原形がくるかと言えば、これも中学生が苦手な使役動詞が使われてるからです。Let は使役動詞のひとつで目的語を挟んで「動詞の原形」を置くことが決まりなのです。

 

それでは、上に挙げた It snowed heavily yesterday. も Let it snow も it が使われています。この it は何でしょうか。
これは形式主語の it と呼ばれるもので、天候、時間、距離などを言う際に形式的に主語の位置に置かれる it です。この it は特に訳す必要はありません。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


中高生が間違えやすいポイント⑧

2012年12月19日 水曜日  カテゴリー: 中高校生が間違え易いポイント

今日のポイントは過去完了です。

 

前回の強調構文も今回の過去完了も中学生では習わない人のほうが多いかもしれません。

 

従って、主に対象は高校生となります。

 

実際に教えていて英語の時制の理解で生徒たちが一番苦労しているのが、この過去完了です。図などを使って丁寧に説明をすれば、一応、その場では理解できるようなのですが、しっかり身に付くまでにはかなり時間がかかる場合が多いです。

 

現在完了形が点としての時間ではなく線的な時間を表していたのと同様に過去完了も基本的には線的な時間の捉え方をします。但し、現在完了が常に視点が現在にあったのに対して、過去完了は視点が過去のある時点にあります。

 

例えば、

 

I have lived here for ten years.

 

と言えば、「私はここに10年間住んでいます。」となり今現在で10年経ったと「今」に視点があります。

 

しかし、

 

I had lived there for ten years when I first met my future wife.

 

と言えば「将来の妻となる女性と最初に会ったとき、私はそこに10年間住んでいた。」となります。ここでは過去完了had livedが使われているのですが、それは視点が過去のある時点、この文では未来の奥さんと初めて出会った時点にあるからです。

 

このように現在完了と過去完了の違いは、視点が現在にあるのか過去にあるのかなのです。

 

もうひとつ例文を出しましょう。

 

I have been studying English for three hours.

 

と言えば「私は3時間ものあいだ英語の勉強を続けている」と過去のある時点で始まった行為が今も進行中であることを示しています。視点は現在にあるのです。

 

それではこれに「彼が私に電話をかけてきたときに」という文を加えたらどうなるか。彼が電話をしてきた、というのは既に過去のことです。

 

I had been studying English for three hours when he called me.

 

となり「彼が電話をかけてきたときに、すでに私は英語を3時間勉強していた。」と過去完了を使わなければならないのです。なぜなら、視点が「彼が電話をかけてきたとき」という過去のある時点に移動するからです。

 

以上、簡単ではありますが現在完了と過去完了の違いについて基本的なポイントを解説しました。自分の知識として確かなものとするためには、上の例で示したように現在完了の文に過去を示す一文を加えて過去完了の文を自分で作ってみる、つまり、実際に英作文をしてみることがもっとも効果的です。

 

Eigojuku英語塾で英作文を重視するのは、文法の理解がただ先生の解説を聞いて理解する受動的なものではなく、能動的に自分で文章を作ることによって初めて生きた知識として定着するものだからです。

 

実際に手を動かして、文章を書いて勉強してみてください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


中高生が間違え易いポイント⑦

2012年12月12日 水曜日  カテゴリー: 中高校生が間違え易いポイント

こんばんは

 

今日は強調構文の基本について解説します。

 

強調構文は何かを強調するときに使う文ですが、強調する前のふつうの文から考えると分かりやすいです。

 

まず、「昨日、私は公園でトオルに会った。」という文から考えてみます。

 

I met Toru in the park yesterday.

 

これでいいですよね。

 

では、この文で会ったのが「トオル」だということを強調する文にしてみましょう。

 

強調構文の基本は、強調したい部分をIt is~thatの間に入れてあげることです。

 

つまり、

 

It was Toru that I met in the park yesterday.

 

Toruは強調するために既にIt was~thatの間に移動しているので、that以下では元の文からToruを抜かした文章をそのまま続ければいいのです。

 

次に会ったのは「公園でだ」と場所を強調する場合を考えてみましょう。

 

同じように、

 

It was in the park that I met Toru yesterday.

 

と強調したいin the parkをIt was~thatの間に入れてあげて、残りの文章をthat以下に続ければいいのです。

 

最後に、会ったのは「昨日だ」と時を強調する場合は、

 

It was yesterday that I met Toru in the park.

 

とすればいいですね。

 

以上、強調構文の基本は実際に自分で簡単な文章を作り、強調したい部分を抜き出して何通りか作文してみると、あっという間にマスターできます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


中高生が間違え易いポイント⑥

2012年12月7日 金曜日  カテゴリー: 中高校生が間違え易いポイント

久しぶりの中高生が間違え易いポイントです。

 

今日のポイントは現在完了形です。

 

現在完了は過去形との使い分けでミスが多いです。

 

そこで、まず大きなイメージで違いを捉えてみると、「時間」の捉え方が現在完了と過去形で違うのです。

 

現在完了は時間を「線」で捉えますが、過去形は「点」で捉えるのです。

 

例えば、

 

I have been to London twice. 「私はロンドンに二度行ったことがある。」
I went to London last year. 「私はロンドンに去年行った。」

 

という2つの文章を比べてみると、最初の文章を自分の人生を振り返って「これまでに二度ロンドンに行った」と言っているのに対して、下の文章では「去年」という人生の一点に焦点を絞って話しています。

 

線分を描いて図で説明するともっと分かり易いのですが、時間の捉え方が「線」か「点」かがポイントです。

 

次に、

 

I have just finished my homework. 「私はちょうど宿題を終えたところだ。」
I finished my homework three hours ago. 「私は宿題を3時間前に終えた。」

 

最初の文章は、ある時点から始めた宿題がちょうど今終わったところだという言い方で、終わった時点に力点が置かれているものの、それまで宿題に取り組んでいた時間の流れを含んだ言い方になっています。それに対して、下の文章では宿題を終えた時間が3時間前であったという一点のみを強調した言い方なのです。

 

さらに例文を挙げると、

 

I have lived in Japan for five years. 「私は日本に5年間住んでいる。」
I lived in Japan in 1999. 「私は1999年は日本に住んでいた。」

 

最初の文章はこの5年間日本に住み続けているという時間の幅があるのに対して、下の文章では1999年という特定の年に日本に住んでいたことを述べているだけです。

 

現在完了は大きく分けると3つの用法があり、「経験」「完了」「継続」です。今挙げた例文の上からその順番で出てきています。どの用法でも時間の捉え方に幅があったと思います。つまり、線的に時間を捉えていたことが分かると思います。

 

最後にもうひとつ大事なポイントを挙げておくと、過去形は現在と切り離された過去を表します。それはあくまでも過去なのです。それに対して、現在完了は常に今、現在に視点が置かれています。

 

以上、簡単ではありますが現在完了形のポイントを挙げてみました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


塾長プロフィール
クリニック開業支援

阿部 毅
1972年生まれ。英検1級TOEIC985点(自己ベスト) TOEIC SWスコア S180点 W200点。早稲田大学文学部卒、東京藝術大学大学院にて博士号取得。 予備校や学習塾での英語講師やギャラリーでの国際業務を経験。その他、大手企業の英語研修の教材作成などの仕事にも携わる。

▲このページのトップへ