ブログ

Eigojuku英語塾の指導法

「プログレス」「プログレス21」でお困りの方へ

2021年7月4日 日曜日  カテゴリー: Eigojuku英語塾の指導法

「プログレス」でおくれをとっても大丈夫です!

 

こんにちは

 

最近、「プログレス」に関するお問い合わせが増えています。

ここで言うプログレスというのは主に中高一貫の私立学校で使用される英語の教科書のことです。

 

どんなお問い合わせが多いかというと「うちの子の学校はプログレスを使っているんですけど、全然英語についていけていないんです。最近はずっとテストも平均点以下で…」といったものが大半です。

 

以下、プログレスの特徴と問題点について整理してみます。

 

目次

 

 

プログレスの特徴


まず、プログレスはいわゆる「検定教科書」ではありません。検定教科書とは小学校・中学校・高等学校で使われている教科書で文部科学大臣の検定を受けたうえで出版されている教科書のことです。正式には、文部科学省検定済教科書といいます。公立学校では検定教科書が使われています。私立学校でも本来は検定教科書が使われるべきでプログレスなどは副教材となるのかもしれませんが、プログレス採用校ではプログレスのみで授業を進めるケースが多いです。

 

プログレスは式会社エディックが販売している50年以上の歴史をもつ専門性の高い英語の教科書です。エディックのホームページによると、1964年にイエズス会の神父ロバート・M・フリン先生によって作られたのが、現在のプログレスの原形となるProgress In Englishだということです。「日本人教師による文法中心の授業とネイティブスピーカーの授業とのギャップに戸惑う生徒のこと」を心配して作られた教科書だそうです。

 

つまり、プログレスは英語のネイティブの視点で作られた教科書なので、公立の中高で使う検定教科書とは内容がかなり異なります。

 

 

検定教科書との違い


検定教科書との主な違いをいくつか列挙します。

 

1.book1(中1の教科書に相当)から比較的こなれた英語表現がで てくる
2.文法単元のでてくる順番が検定教科書と違うので難しく感じる生徒がいる
3.Read(長文)が検定教科書の長文や会話文と比べて難しい

 

 

 

プログレス採用校の特徴


次にプログレスを採用している学校の特徴です。先ほども指摘したように、プログレスは検定教科書ではないため採用している学校は中高一貫の私立校になります。また、中堅~上位校での採用が目立ちます。

 

プログレスを英語の授業で採用しているということが、その学校が英語に力を入れていることの証明と言えるかもしれません。またキリスト教系の学校で採用されているケースが多い印象をもっています。

 

さらに、いわゆる伝統校でプログレスが使われているケースも多く、数十年に渡ってずっとプログレスを使用しているような学校もあります。いわゆる上位校・進学校と呼ばれる学校に多いです。

 

また、プログレスの使い方も学校によって差があります。プログレスのBook1が中1にあたり、Book2が中2にあたるという具合にシリーズが続くのですが、これを学年毎にきちんとこなしていく学校もあれば、中2の途中でようやくBook2に入るような学校もあります。

 

さらに、学校によっては教科書の内容を部分的にスキップしながら授業を進めていく場合もあります。おそらく学校の授業時間ではプログレスの全内容を消化しきれないために、ページを飛ばしながら進めていくのだと思います。

 

いわゆる上位校ほど教科書に忠実に授業を進めていく傾向が強いです。そうした場合、学年が進むごとに英語の勉強量はかなりのものになってきます。

 

またプログレスにはworkbookと呼ばれるプログレスの内容に準拠した問題集が出版されていて、これを使っている学校が大半です。プログレス採用校のなかには、とにかく「プログレスだけをやっていれば大丈夫」という信念のもと、教科書とworkbook以外はなにも副教材を使わせない学校もあります。

 

定期テストの内容もすべてプログレスで、学年が進むと最後に初見の長文問題を入れるというケースがよくあります。

 

プログレスを使った英語学習の問題点


これまで見てきたプログレス採用校の生徒の弱点は、主に文法的な部分に多かったように思います。プログレス自体に文法的解説がないわけでなく、各lessonにそれぞれ学ぶべき文法単元がlookという囲み記事にあります。

 

ただ、文法中心に編纂された教科書ではないため、lesson毎に文法が体系的にでてくるわけではありません。そのため、文法の知識をバラバラのまま記憶してしまう生徒が少なくないようです。

 

また、プログレス採用校の方針でプログレス以外はやらないとなると、定期テストの範囲も教科書を丸暗記すればできる問題が散見されるようになります。ある一定量の英語を丸暗記することで得られる英語力はあると思いますが、反面、自ら思考して英語を分析したり組み立てたりする力は弱まります。

 

プログレスでおくれてしまった子にこそ個別の対応が必要


それではプログレスを使った英語の授業でおくれを取ってしまった生徒はどうやって巻き返すべきでしょうか?

 

集団塾でプログレス対策をしている場合もあるかと思いますが、先ほど指摘したように学校によって進度が違うため、自分の学校と進み具合が合致するのか分かりません。

 

また、理解できていない文法単元が生徒によって違うため、一律の講義でそれを拾い上げることが難しい状況です。

 

ポイントはバラバラになった知識を体系化してあげること。そして、教科書のところどころに出てくるこなれた英語表現の解説やRead(長文)で意味の分からない部分の詳しい解説をしてあげることです。

 

文法の知識が体系化し長文の意味がすっきり理解できればプログレスはレベルの高い教科書なので、それ相応の英語力が付くはずです。つまり、学校側が本来期待していたプログレスを通じて得られる英語力に到達できるはずです。

 

Eigojuku英語塾では中1・中2対象の少人数制プログレスコースと個別指導で対応


上記の問題を踏まえて、Eigojuku英語塾では8人までの少人数制プログレスコースを中1・中2を対象に開講しています。また全学年を対象に個別指導コースも実施しています。お困りの方はメールか電話でお気軽にお問い合わせください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


社会人のためのやり直し英語

2015年1月22日 木曜日  カテゴリー: Eigojuku英語塾の指導法

こんにちは

現在、社会人の方を対象としてやり直し英語のクラスを金曜日の午後3時から開いています。

現在使っているテキストは「英文解釈」というタイトルで本来は受験生などを対象にして編纂されたものですが、約160頁にわたってびっしりと英語長文の抜粋が詰まった本書をレギュラーのテキストとして使える現役高校生はあまりいません。

「itを含む構文」や「関係詞を含む構文」といったように抜粋される英文もある一定のテーマに沿って編集されているので、「英語は一応読めるのだけれど、自力で小説などを読むには自信がない」といったような中級以上の方にちょうど良いクラスになっています。

IMG_0898

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


単語テストいろいろ

2015年1月17日 土曜日  カテゴリー: Eigojuku英語塾の指導法

こんにちは

現在、Eigojuku英語塾では個別指導が中心です。

そして中高生の大半が毎回の授業で単語テストをしています。

中学生では学校で市販の単語帳を持たせるというケースはあまり多くないようですが、高校になると私立・公立を問わず何らかの市販の単語帳を持たされて学校で定期的に単語テストをするところがほとんどです。

そして、当たり前のことですが、学校によって使っている単語帳が違うのです。これまで、入塾してきた生徒の要望になるだけ合わせようと、それぞれの学校で使っている単語帳を聞いて塾でもそれ用の単語テストを作ってきました。

学校で使っている単語帳と塾で使っている単語帳が違うと生徒にとっては二重の負担になってしまいます。世に個別指導を謳っている学習塾は多くありますが、意外と単語テストは固定でうちの塾ではこの単語帳を使ってますというところが多いようです。

個別指導とは、本来その生徒にあった授業プランをカスタマイズしていくことにあるので日々の単語テストなどは重要なはずです。確かに個々に対応していると単語テストの準備でかなりの手間がかかります。

例えば旺文社のターゲット1900で単語テストを作ろうと思えば、1900個の単語をパソコンに打ち込む作業があります。また、市販の単語帳は数年毎に改定されて内容が少しずつ変わっていきます。

なるだけ、こうした手間を惜しまずこれからも個々の要望に対応していこうと思っています。現在、単語テストの準備ができているものは下記の通りです。

旺文社

でる順パス単3級

でる順パス単準2級

でる順パス単2級

でる順パス単準1級

ターゲット1900

ターゲット1400

ターゲット1200

Z会出版

速読英単語 必修編

桐原書店

中学英単語ノート

朝日新聞出版

新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ

その他、中学生用の塾用教材の単語テスト

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


国際教養大学の入試小論文(英文ライティング)について

2014年5月28日 水曜日  カテゴリー: Eigojuku英語塾の指導法

こんばんは

 

国際教養大学の入試で求められる小論文(英文エッセイ試験)で合格できるレベルの英文を書くためには、いったいどれくらいの英語力が必要なのか。これは受験を考えている高校生や浪人生にとっては、なかなか正確に把握しづらい部分かもしれません。

 

それはこの大学の入試が他の大学と著しく異なるために、比較の参考となる同レベルの材料が身近に見つけづらいからです。

 

対策としてはTOEFLのライティング向けテキストや英検1級のエッセイ対策などを手本に勉強を進める人が多いと思います。目指すレベルとしてはこれらの対策で間違っていないと思います。

 

しかし、一人ではなかなか思うように勉強を進められないのも事実でしょう。果たして自分の書いた英文は文法的にあっているのか、または効果的に自分の考えは表現できているのか、前後の文の繋がりは不自然ではないか、エッセイ全体としての完成度はどうか、などなど、様々な不安がよぎることでしょう。

具体的な書き方などこちらのブログにまとめています

Eigojuku英語塾では、実際、去年二人の国際教養大志望の受験生を指導しました。一人はセンター試験はほぼ満点でTOEICも約900点のスコアをもっていました。純粋に日本で育った人でした。もう一人はセンター試験はリスニングを含めて満点で小さい頃からアメリカで育ち英語はペラペラの人でした。二人とも日本の英語教育の水準からすると非常に優秀な生徒でした。しかしながら、結果は二人とも残念なものとなってしまいました。二人とも3カ月弱という短期決戦でしたが、この二人の指導を通して感じたことは、この大学は日本の大学受験の英語レベルで考えていては合格できる大学ではないということです。

 

国際教養大学の受験を考えている高校生、浪人生はおそらく英語が得意な人たちだと思います。しかし、この大学を受験するにあたっては、むしろ自分ができることよりもまだできないことに意識をもっていったほうがいいでしょう。なぜなら、英語が得意という自覚がありながら英作文が苦手な人の一般的な特徴は、それまでに英語で文章を書いた経験が非常に少ないということにあるからです。

 

これは当たり前と言えば当たり前のことで、たとえば、日本人の高校生が日本語で小論文を書くときのことを想像してみれば分かりやすいと思います。日本人ならば、当然、日本語が母国語なのですが、母国語だからといって誰もが素晴らしい小論文を書けるでしょうか。以前、日本語で小論文も指導していた私の経験からすると、初めからまともな小論文が書ける高校生などほとんどいません。大多数が母国語ですら論理的な文章が満足に書けないものです。

 

母国語ですらそのような状況なのに、あくまでも日本の大学受験レベルで考えたときに「英語が得意」な生徒が、いきなり英語でまともな小論文など書けるはずがないのです。

 

それでは、自分の考えを相手に分かりやすく論理的な文章として構成できるようになるために、どれくらいトレーニングが必要なのでしょうか。これは個人差がある問題なので一概に言うことができません。しかし、私が自分の指導を通して経験してきた感触からすると6カ月~1年はあったほうがいいと考えています。文章力というものは短期的には伸びづらいものです。母国語ですらそうなので、外国語では尚更でしょう。

 

そして、合格できるレベルの英文エッセイを目指すのであれば、英語の文法的な間違えに注意がいってしまうレベルではなく、より内容的な部分で英文の吟味ができるレベルまで高めておく必要があると思います。

 

Eigojuku英語塾での国際教養大学対策の指導ではDebatabaseというディベートのサンプル集(写真)を使います。(それ以外にも英検1級のエッセイ過去問などを適宜使います。)

 

debatabase_1

 

内容的には様々な現代的トピックに対して賛成の立場と反対の立場でサンプルとなる議論が書かれています。もちろんすべて英語です。

 

debatabase_2

 

例えば、GLOBAL WARMING 「地球温暖化」についてや CORPORAL PUNISHMENT「体罰」の是非についてなどです。本番ではさらにひねった問題がでてくる可能性もあるので、なにが出題されても自分なりの解答を組み立てられる柔軟な英語力と問題処理能力を鍛えておく必要があります。

 

debatabase_3

 

Debatabaseの第6版

 

英検1級の英作文問題集

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


不定詞とはなんぞや

2014年5月25日 日曜日  カテゴリー: Eigojuku英語塾の指導法

こんにちは

 

昨日はたまたま不定詞についての授業が続きました。

下の写真は、授業時のホワイトボードの一部です。

英語が苦手、という人のなかには苦い思い出とともにこの「不定詞」の記憶がよみがえってくる人もいるかと思います。

 

lecture_infinitive

 

そもそも、この「不定詞」とはなんなのか、なんで「不定詞」と呼ぶのかは分かっているようで分かっていない人のほうが多いでしょう。

「不」は否定を、「定」はある一定のものを、「詞」は言葉を、それぞれ意味することはなんとなく想像ができても「不定詞」が意味するところのものが今一つ理解できないというのが英文法を学んできた日本人の多数派になるだろうと思います。

 

実は、この「不定詞」という名称は、主語の人称や動詞の時制によって動詞の形を定めることができないということからきています。どういうことか詳しく見ていきます。

 

例えば、次の二つの文で動詞の形を比べてください。

 

I play tennis every day.

He plays tennis every day.

 

上の文がplay であるのに対して、下の文がplays になっているのは、主語の人称が3人称単数で時制が現在であるために語尾に3単現の-s がつくからです。つまり動詞の形は人称と時制によって「ある一定の形」を取るように文法的に決まっているわけです。

 

さらに、これらを過去形に変えてみます。

 

I played tennis yesterday.

He played tennis yesterday.

 

今度はどちらもplayed という同じ形になりました。ここでは過去形は動詞の語尾に-ed を付けるという文法的ルールが働いています。つまり、動詞を「ある一定の形」に定める原因となるのはここでは時制だけだということです。

 

このように人称と時制が時には共に協力して、時には単独で動詞の形を決める因子として働いているのです。

それでは不定詞はどうか。

不定詞は形のうえでは常に「to+動詞の原形」の形をとります。これは人称にも時制にも影響をうけません。

 

例として、上の文に不定詞を入れてアレンジしてみます。

 

I try to play tennis every day.

He tries to play tennis every day.

 

I tried to play tennis yesterday.

He tried to play tennis yesterday.

 

いずれの場合も、to play は人称や時制の影響を受けていません。つまり、人称や時制によって「形が定まらず」ということが「不定詞」の名称の由来となるのです。

 

しかし、このネーミングちょっと紛らわしいと思いませんか?

 

どういうことかというと、視点を変えると「不定詞」は常に形が同じで一定なので、「定まらず」でなくて反対に「定まっている」とも解釈できるからです。

だから、「不定詞」の意味を英語学などの専門的な辞書を引いて調べた人だけが、「ああ、そういうことだったのか」と納得できるような、そんな紛らわしい文法用語のひとつが「不定詞」なのだと思います。

 

こうしたことから「不定詞」の意味を違った風に解釈している人もいます。例えば、不定詞は前置詞のtoの意味を前提とした用法で、前置詞のtoは「~へ」という方向性を示すものです。つまり不定詞はtoの次にくる動詞の方向へと向かう「未来志向」の意味を含意しています。

 

例えば、

 

He decided to play tennis next Sunday.

 

と言えば、次の日曜日にテニスをすることを決めているので、to play tennis は未来の行動を意味しています。

こうしたことから「不定詞」は未来の不確定なことを表すから「不定詞」という名称なのだという解釈で理解している人もいますが、これも「不定詞」という名称が紛らわしいから仕方ないことなのでしょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


高校の英語の教科書

2014年5月23日 金曜日  カテゴリー: Eigojuku英語塾の指導法

こんにちは。

 

Eigojuku英語塾では高校生の個別指導では、塾用のテキストとは別に各高校の英語の教科書を揃えて指導に当たっています。

高校の英語の教科書も学校によってレベルも内容も様々です。

高1の最初からある程度難しい英文を読ませる学校もあれば、中学の復習程度の軽めの内容のものもあります。

 

 

HighschoolText

 

内容にも工夫が感じられるものが多く、高校生が興味をもって取り組めるような話題を盛り込もうという出版社の努力も感じられます。

例えばU2のボノが環境問題に取り組んでいる話題を扱っているものもありました。

 

そんななかで、特に私の目を引いたのが啓林館から出版されている「Element English CommunicationⅡ」に収録されている故スティーブ・ジョブズの伝説的スピーチです。

 

Text_Jobs

 

これは私も個人的に大変感銘を受けたスピーチで、「スタンフォード大学でのジョブズのスピーチ」と言えばそれだけで通じてしまうようなものです。有名なStay hungry. Stay foolish.という言葉で終わっています。

 

こういった良い素材が高校生の心にどれだけ響くかは学校の先生の力量にもよるのでしょうが、現代性を感じさせる生きた素材が英語の教科書に多く取り入れられるようになってきていることは良い傾向だと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


社会人の個別指導例

2013年12月5日 木曜日  カテゴリー: Eigojuku英語塾の指導法

こんにちは

 

今日は社会人の方の個別指導での授業をご紹介します。

 

 

写真は生徒さんがテキストをコピーしたものにびっしりと単語の意味や文法などを書き込んだものです。

 
この方は社会人として大学院に籍を置き医療系のある分野を研究されています。外国語はあまり得意でないということですが、ご自身の研究分野での日本語文献が不足しているため英語の文献に頼らざるを得ない状況なのだそうです。

 
それでインターネットで私の塾を見つけて、ご連絡を頂きました。現在は、研究分野の文献を一緒に読み進めているところです。(それ以外にも高校生用文法のテキストと単語テストも毎回やっています!)

 

この書き込み、本当にすごいです。私が授業中に言ったことを一言一句漏らさずに書き込もうという気迫を感じます。語学というのは一心不乱に集中して勉強をしていると、あるときふと自分の実力が上がっていることを実感できるものです。この方はまだ通い始めて1ヶ月ほどしか経過していないのですが、このペースで半年、一年と勉強を続けたら確実に英語力は向上しているはずです。

 

勉強にも気迫というものが必要なんだということを、中学生や高校生も見習ってほしいなと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


塾長プロフィール
クリニック開業支援

阿部 毅
1972年生まれ。英検1級TOEIC985点(自己ベスト) TOEIC SWスコア S180点 W200点。早稲田大学文学部卒、東京藝術大学大学院にて博士号取得。 予備校や学習塾での英語講師やギャラリーでの国際業務を経験。その他、大手企業の英語研修の教材作成などの仕事にも携わる。

▲このページのトップへ