ブログ

月別アーカイブ: 2013年4月

海外ドラマは日常会話表現の宝庫

2013年4月28日 日曜日  カテゴリー: 英語学習のヒント

こんにちは

 

留学経験の少ない私にとっては海外ドラマは日常使われる英語の表現を学ぶ恰好の素材でもあります。

 

見ていて楽しいし勉強になる、まさに一石二鳥なわけです。外国語の学習はとにかく長く続けることが大切ですが、楽しければ自然と長く続くものですよね。

 

例えばこの数日の間に知った表現としては、

 

Come again?

 

「え、なんて言いました?」と相手の言ったことを聞きなおすときの表現。

 

Sorry?

 

というのに近いかも知れませんが、より砕けた感じかもしれませんね。

 

もうひとつが、

 

Easy tiger.

 

という表現。

 

これはエキサイトしている相手の気を静めるときに使われていました。

 

意味的には、

 

Calm down.

 

に凄く近いのだと思います。

 

海外ドラマを見るときは、基本的には英語の音に集中しています。番組によっては日本語字幕がついている場合もありますが、そうした場合も日本語の字幕にはあまり注意を払わず画面と英語の音に集中して英語でドラマを楽しむようにします。そうしたほうが、音を拾えるのです。

 

以前は日本語字幕がついているとそっちにどうしても気を取られて英語の音に集中できなかったり、英語の音が聞き取れず単語を判別できないこともありました。しかし、これも「慣れ」の問題で、英語の音が耳に自然と入ってくるようになると、意味の取れない単語や表現が聞こえると、その部分が引っかかるようになってきます。

 

この段階になってくると、海外ドラマや映画を使っての英語学習がはかどります。文章を読んで分からない単語を調べることは普通ですが、それがドラマや映画を見ながらできるようになってきます。

 

一回1時間のドラマを毎日見る時間をとることは社会人には難しいと思いますが、週に2回くらいでもそうした時間を持てると英語学習にひとつ楽しみが加わると思います。学生ならば週3回以上は見られるのではないでしょうか。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ニュートレジャー

2013年4月26日 金曜日  カテゴリー: Eigojuku英語塾の指導法

こんにちは

 

時々、いただくお問合せで「中高一貫校に通っているのですが、学校の英語についていけていないようだ」というものがあります。そうした問い合わせの中で名前が挙がることが多いのが「ニュートレジャー」です。

 

これはZ会が出版している学校用教科書で中1用のstage1ですでに不定詞の3用法がでてきます。普通に公立中に通っていたら2年生や3年生で出てくる単元で、中学英語のひとつの山場となる部分です。

 

「ニュートレジャー」は会話文も多く、文法の解説も詳しいので英語講師の視点から見ると良くできた教科書なのですが、中学生の視点から見るとやはり難しく感じる子が多くても不思議はありません。

 

そして、お問合せの内容で多いのが、この「ニュートレジャー」に対応してくれる塾が少ないということ。

 

その理由を考えてみると、「ニュートレジャー」に限らず「プログレス」や「バードランド」といった中高一貫の進学校で好んで用いられる英語の教科書は教える側にも相応の力量が求められることが挙げられます。特定の教科書に対応するとなると集団塾よりも個別指導塾が中心になると思いますが、個別指導塾などのアルバイト学生講師では十分な指導ができないことが多いのです。

 

また、「ニュートレジャー」は教科書を入手することも難しいのがもう一つの理由でしょう。「新中学問題集」や「高校リード問題集」のような私立学校でも塾でも使われてるテキストと違い、「ニュートレジャー」は学校にしか販売していません。教科書が手に入らなければ、塾の先生は生徒に教科書を持参してもらいその場で教えるしかありません。すると、なおさら講師の力量が必要となってきます。

 

採用している中高一貫校も難しい教科書を使うなら補習を徹底してくれればいいのですが、実際はそうなっていないケースが多いようです。

 

Eigojuku英語塾では、この「ニュートレジャー」をはじめ、「プログレス」や「バードランド」など中高一貫校で採用されている教科書にも対応しております。塾長が自ら指導しているからこそできる強みのひとつです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



motormouth―「おしゃべりな人」

2013年4月23日 火曜日  カテゴリー: 英語学習のヒント

こんにちは

 

先日、ポール・オースターの小説を読んでいたら、motormouthという単語が出てきました。文脈からも単語の字面からもすぐに意味は分かったのですが、「おしゃべりな人」ってことですね。

 

でも、このmotorにmouthがついているのが、機械仕掛けのロボットかなんかが機関銃のようにしゃべりまくるイメージが浮かんできて妙に気に入ってしまいました。

 

「おしゃべり」という意味だと、talkativeという形容詞が良く使われますね。

 

「彼女はおしゃべりだね」というのに、

 

She is talkative.

 

と言ってもいいし、動詞にtalkをもってきて

 

She talks a lot.

 

と言ってもいいわけです。

 

しかし、このmotormouthは名詞なので、

 

She is a motormouth.

 

となるわけです。

 

ほかにも同じ意味で、

 

loquacious

 

という形容詞も時々見かけます。

 

小説を読んでいると、いろいろな単語に遭遇しますが気になった単語だけでもしっかり調べて知っている単語と関連付けたり、言い換えたりしてみると語彙力増強に役立つと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



英語の環境を作る

2013年4月19日 金曜日  カテゴリー: 英語学習のヒント

こんにちは

 

今日は普段から英語力を上げる環境作りについて。

 

最近は少しずつ変わってきているかもしれませんが、私が高校生や大学生くらいのときは留学すれば英語は身につくという「留学信仰」とも言えるような考え方が普通でした。

 

しかし、その後の人生で留学して帰ってきても片言の英語を話すレベルで終わってしまっている多くの人たちに出会いました。

 

確かに留学は多くの英語に触れる機会を与えてくれますが、英語を身に付けるためにはその機会を十分に生かす「努力」をすることのほうが何十倍も重要なのではないか、結局は勉強量で決まるのではないかと考えるようになりました。

 

それでは、本来「留学」することによって得られるメリットを日本で得る方法はないのだろうかと冷静に考えてみたのです。留学をすれば「生の英語」に触れられるから「本物の英語」が身につくんだ、などと良く言われます。

 

それでは、よく言われる「生の英語」ってなんでしょう?おそらく、「日常生活でそこで生まれ育った人たちが使っている英語」という意味ではないでしょうか。

 

そして、「本物の英語」とはなんでしょう?おそらく教科書に載っているやや不自然な会話例ではなく、やはり「日常生活で良く使われる自然な英語」という意味でしょう。

 

それでは、それらの「日常的な英語」は留学しなければ絶対に知ることも身に付けることもできないものでしょうか。確かに、留学をして現地で友達を作り、その友達との自然なやり取りの中から学ぶことは非常に多いと思います。友達でなくても、ホストファミリーや学校の先生でもいいと思います。そして英語学習のモチベーションを維持するためにも、そうした経験が非常に重要であることは否定し得ない部分があります。

 

そうした部分を認めつつも、留学をしないでも留学をした場合と同じような効果を日常に取り入れる方法はあるはずです。

 

一言で言えば、日常生活で目にするもの、耳にするもの、考えたことを英語に変えていくという方法です。

 

例えば、

 

1.テレビはニュース、ドラマ、リアリティーショーなど全て英語のものを見る。
2.毎日立ち上げるパソコンの初期画面をアメリカのYahooに変える。
3.電車の中で読む新聞を英字新聞に、小説を英語の小説に変える。
4.携帯電話の表示を英語の表示にする。

 

この1~4までが「生の英語」に触れることになります。

 

5.ふと、思いついたフレーズや考えを頭の中で英語に翻訳してみる。
6.twitterやfacebookを英語で書いてみる。
7.毎日、英語で日記をつける。
8.スカイプで英語を話す。(相手は友達でもオンライン英会話の先生でもいいです)

 

5~8までは自分から発信していくことになります。

 

他にも変えようと思えば変えられる生活の場面はあるかも知れません。
また、これら全部を一辺に実行すると大変かもしれないので、無理なく出来るところから自分の生活を「英語化」していくのもいいでしょう。

 

ちなみに私はの場合は、

 

1番目~3番目は日常的に実践しています。いまでは、それが普通です。パソコンのYahooの画面などはヘッドラインだけ見ているだけでも新しい単語を覚えることができます。

 

4番目の携帯電話は以前やっていましたが、機能が限定されているのでしばらく使うと全て覚えてしまいます。

 

5番目と6番目は時々やっている程度です。

 

7番目は以前やろうとしましたが、習慣化できませんでした。毎日、決まった時間に文章を書くのは社会人には難しいかもしれませんが、学生ならばトライしてみたらどうでしょう。

 

8番目はオンライン英会話を時々やっています。格安なのでそれほど費用は掛からないし、ネイティブの友達がいればスカイプ自体は無料なので実質タダでできます。

 

まとめると、留学をしないでも生の英語に触れる機会はかなり確保できると思います。自分から英語で発信する機会は意識的に作っていかないと、なかなか十分に確保できないかもしれません。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



アポストロフィS(-‘s)の正体

2013年4月16日 火曜日  カテゴリー: 英語学習のヒント

こんばんは

 

今日はアポストロフィs(-‘s)について簡単にまとめます。

 

まず、これは固有名詞や普通名詞について所有を表す場合がありますね。

 

例えば

 

「ミノルの~」と言いたければ、

 

Minoru’s~

 

「私の兄の~」と言いたければ、

 

My brother’s~

 

と言えばいいのです。
あるいは、このままの形で所有代名詞として「ミノルのもの」「私の兄のもの」となるときがあります。mine や yours の仲間ということです。

 

これについては特に難しいところはありません。

 

問題は短縮形として使われているアポストロフィsです。

 

He’s~

 

と言えば

 

He is~
He has~

 

のどちらかの短縮形であると考えられます。
どちらであるかは文脈から判断できる場合がほとんどです。

 

He’s tired.

 

となっていれば、He is ですね。

 

He’s been tired throughout the week.

 

となっていれば、He has で現在完了だと分かります。

 

Let’s~

 

と言えばどうでしょう。これは中学生で英語を習い始めてすぐに出てくる表現なのですが、この-‘sが何かを即答できる中高生は驚くほど少ないです。

 

これは is でも has でもなく、us なのです。

 

Let us +「動詞の原形」で使役動詞の用法ですね。

 

ちなみに、us がこうした短縮形で使われるのは基本的にこの let’s の場合のみです。

 

さらに、

 

How’s that sound?

 

となっていたらどうでしょうか?
これは、is でも has でもありません。もちろん、us でもありません。
疑問文の基本的な作り方が分かっている人なら、is でも has でもないことは少し考えればわかることです。

 

この場合は、doesの短縮形となります。

 

does は疑問詞とともに短縮形で用いられるのです。

 

That sounds great.

 

と言えば、「それいいね」という表現ですが、上記の How’s that sound? は「これどうかな?」と相手の意見を聞いているのです。

 

些細なことに思えますが、こうした細かい知識の積み重ねが正確な英文理解へと繋がっていくものです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ひさしぶりに英検1級の問題を見ていたら

2013年4月13日 土曜日  カテゴリー: 英語学習のヒント

こんにちは、

 

やはり4月というのは塾にとっては忙しい季節で、こちらのブログもなかなか更新できずにいました。

 

そんな中でふっと時間に空白ができたので、久しぶりに英検1級の問題をパラパラと解いていたら、こんな表現あったんだというのが、

 

flesh out

 

というもの。

 

flesh は名詞で「肉」「肉体」などの意味で使われる単語です。

 

この熟語では、それが動詞で使われています。

 

意味としては「何かを加えて良くしていく」こと。
つまり、「肉付けをして、より豊かな内容にする」といった意味です。

 

「肉」というのが、ここでは「内容」の比喩となって、まさに「身になるもの」なのですね。
それがoutと合わさってこの表現になっているのも、面白いなと思いました。英和辞典を引くと「太らせる」などの意味も載っていますが、私の使っている英英辞典での例文は以下の通り。

 

Fleshing out the details of the plan may be difficult.

 

「その計画にさらに何かを加えていくことは難しいかもしれない。」

 

別の単語で言うと、elaborate が「細かい部分を作りこんでいく」という意味で使われるのでニュアンスとして近いかもしれません。

 

flesh out に比べれば、elaborate は比較的良く使われる単語です。

 

また、より一般的な言い方をすれば、

 

add details to~

 

となるのでしょう。

 

英検1級は単語のレベルが非常に高いですが、難しい表現に出会ったときはできるだけ自分が既に知っている単語や表現に言い換えてみると記憶に定着しやすいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



Eigojuku英語塾という名称について

2013年4月4日 木曜日  カテゴリー: その他

こんにちは

 

4月になり新学期です。
去年の暮れに開塾したEigojuku英語塾にとっても、はじめての新学期です。

 

以前、鎌倉に塾を開いた理由についてはここに書きました。
ここでEigojuku英語塾という名称にした経緯などについてお話しておこうと思います。

 

自分で塾を開こうかと漠然と考え始めたのは数年前ですが具体的に計画を立てだしたのが去年のゴールデンウィーク頃なのでほぼ一年前です。

 

塾の名前、コンセプト、場所、カリキュラム、授業時間、授業料などいろいろとメモを付け始め他塾の調査、物件選びなどを徐々に始めました。

 

塾名で最初に思いついたのが「Abe English Academy」でした。やはり自分の名前を塾名につけるほうが分かり易いかなと考えたのです。実際に自分でパソコンを立ち上げグラフィックソフトのイラストレーターなどを使ってロゴのデザインも自分で始めました。

 

試作段階のロゴが完成して何度か見直しをしている段階で、「ちょっとまて、この名称って塾なんだか英会話なんだか分かりづらいぞ」という考えが頭をよぎったのです。

 

シンプルで分かり易いというのは自分の好みなので、いろいろ頭をひねりました。しかし、どうも良いアイデアがでてきません。そんなときに、ふと子供の頃って皆どんな習い事してたかなと思い返したことがありました。なぜか思い出したのが、まわりの友達が「そろばん塾」に行っていた光景。

 

私は一度も「そろばん塾」に通ったことがないので、「そろばん塾」がどんなところか正確には知りません。それでも「そろばん塾」という名称と、当時、そろばんをランドセルにさして通っていた周りの子たちを知っていたことから、「ああ、あれで実際にそろばんを練習する塾なんだな」と容易にその内容を想像できるのです。

 

「ああ、これいいな」と思ったんです。英語塾なら「英語を習う塾なんだ」って誰にでも分かる。名前は「英語塾」にしようと方針を決めました。しかし、今度は名称がシンプルすぎて他と差別化できません。だから、「阿部英語塾」にしようかとも考えたのですが、イメージが硬すぎてどうも自分のテイストに合わない気がしました。当時は横須賀に開こうと思っていたので地名をつけることも考えましたが、四苦八苦した挙句にローマ字を入れる今の表記にたどり着いたのです。

 

表記こそローマ字をいれてオリジナリティーをだしましたが口頭で表現するとただ「えいごじゅく」です。シンプルな名前ですが、「あそこに行けば英語のことは何でも分かるんだ」と思ってもらえる塾にしたいという願いもあります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



塾長プロフィール
クリニック開業支援

阿部 毅
1972年生まれ。英検1級TOEIC985点(自己ベスト) TOEIC SWスコア S180点 W200点。早稲田大学文学部卒、東京藝術大学大学院にて博士号取得。 予備校や学習塾での英語講師やギャラリーでの国際業務を経験。その他、大手企業の英語研修の教材作成などの仕事にも携わる。

▲このページのトップへ