ブログ

月別アーカイブ: 2013年1月

塾用テキストを使う理由

2013年1月31日 木曜日  カテゴリー: Eigojuku英語塾の指導法

こんばんは、

 

今日は改めてEigojuku英語塾の指導法について、なぜ塾用テキストを使うかを説明します。

 

大きく分けると2点です。

 

まず、実用的な英語力を身につけるうえで「文法力」が不可欠と考えているからです。

 

日本で英語を学ぶ場合、実用的な英語力を身につけようとすると塾ではなく、英会話スクールに通うのが一般的です。そして、英会話スクールでは場面別に設定された状況での会話パターンをネイティブの真似をして繰り返すような授業が一般的です。しかし、これでは決まったパターンのフレーズは言えるようになっても、自分から全く新しい文章を組み立てる力は育ちません。自分でゼロから英文を組み立てるには文法の知識が不可欠です。

 

英会話スクールの欠点はネイティブスピーカーに日本人に分かりやすい文法の説明ができない点にあります。逆に従来の塾の欠点は、文法の説明ばかりに終始して、説明した文法ルールを実際に使えるような指導はしていません。これは塾の先生に将来使える英語を生徒に身につけさせようという意識が全くなかったからです。同じことが学校の先生にも言えます。

 

そもそも、「学校や塾」と「英会話スクール」が別のものとして機能していること自体、私は変な話だと思っています。教えているものは同じ「英語」ではないのか?と言いたくなります。

 

2点目の理由として、大学受験の形式が以前と大きく変わっていないからです。

 

今の時代、おそらく中学生も高校生も大人になるまでに英語はできるようになったほうがいいと分かっているはずです。しかし、日本の社会では15歳と18歳で入学試験が立ちはだかっています。高校入試はまだしも、大学入試はどの大学に入ったかでその後の就職にも大きな影響を及ぼします。まさに人生におけるもっとも大きな試験といっていいでしょう。その人生を左右する大学入試の英語のテストは英語の実用的能力を試すテストにはなっていません。文章を読む力は試されていますが、あとの「聞く」「書く」「話す」はほとんどテストされません。また必要以上にひっかけ問題が多く、その対策に精根尽き果てる受験生が実に多いのです。

 

つまり、中学生や高校生を指導する場合に、大学入試が変わらない以上はその対策を抜きにすることはできないのです。それでは受験勉強をしながら、実用的な英語を身につけるようにすればいいではないか。それには塾用のテキストを使って勉強を進めながら、実際の場面で英語がどう使われているかを解説すればいいではないか。

 

これが日本の現状に対する、私の答えなのです。
以上、Eigojuku英語塾で塾用テキストを使う理由でした

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ニュースで英語(3)家を買うときは・・・

2013年1月29日 火曜日  カテゴリー: ニュースで英語

ニュースで英語です。

 

今日は、ペンシルヴァニア州で過去に殺人事件があった家をそのことを知らずに購入した購入者が、家の前の持ち主と不動産屋を訴えたという記事から。

 

A Pennsylvania woman has appealed to the state Supreme Court in her suit against a home seller and real estate agent who failed to disclose that a murder-suicide had taken place in the home she purchased.

 

(中略)

 

She bought a home in Thornton, Pa., for $610,000 in June 2007. She learned a few weeks after she moved in from a next-door neighbor that a murder-suicide had occurred the year before in her home.

 

●用語解説
appeal: 動詞で「上訴する」の意味があります。アメリカは裁判が多いので良く使われる単語。
state Suprem Court: 州の最高裁判所
suit: 「訴訟」という意味の名詞。lawsuit とも言います。
real estate agent: 「不動産屋」 real estate で不動産、agent で「代理人」です。
fail to do: 「~をしない」という意味。次のdisclose は「打ち明ける」という意味。fail を「失敗する」という意味で暗記していると、ここでは「うっかり教えるのを忘れた」ような意味になってしまいますが、ここではそうではありません。

 

●日本語訳
「自分が購入した家で殺人と自殺があったことを明らかにしなかった家主と不動産屋を訴えている裁判で、ペンシルヴァニア州の女性が州の最高裁に上訴した。」

 

「彼女は2007年にペンシルヴァニア州のソーントンに61万ドルで家を購入した。引っ越してきてから数週間後に隣の住人から、その家で前年に殺人と自殺があったことを知らされた。」

 

●総評
最初の文に関してはappeal や suit などの法律用語が分かっていれば大きな問題はないでしょう。次の文は、a few weeks, after she moved in, from a next-door neighbor がそれぞれ意味の塊になっています。she learned that a murde-suicide had occurred~ という大きな骨組みを見逃さないようにしましょう。

 

この文章は続きを読むと、結局前の家主と不動産屋が裁判で勝っています。興味のあるかたは→こちら

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402    fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



否定の接頭辞について

2013年1月25日 金曜日  カテゴリー: Eigojuku英語塾の指導法

こんにちは

 

今日は否定の接頭辞について簡単に解説をします。

 

否定の意味を表す接頭辞はいくつかあります。

 

まず、一番一般的なのが、

 

un-

 

でしょう。

 

important ⇔ unimportant(重要な)⇔(重要でない)
lucky ⇔ unlucky(幸運な)⇔(運のない)
limited ⇔ unlimited(限られた)⇔(無限の)

 

など無数にあげることができます。

 

次に良く見かけるのが、

 

in-

 

でしょう。

 

active ⇔ inactive(活発な)⇔(不活発な)
competent ⇔ incompetent(有能な)⇔(無能な)
decisive ⇔ indecisive(決定的な)⇔(決定的ではない)

 

などいろいろと挙げることができます。

 

しかし、この否定の接頭辞の in- は、次にくる単語の頭文字によっていろいろと変化します。

 

例えば

 

legal ⇔ illegal(法的な)⇔(違法の)
literate ⇔ illiterate(読み書きができる)⇔(読み書きのできない)
logical ⇔ illogical(論理的な)⇔(非論理的な)

 

regular ⇔ irregular(規則的な)⇔(非規則的な)
rational ⇔ irrational(理性的な)⇔(非理性的な)
relevant ⇔ irrelevant(関連性のある)⇔(関連性のない)

 

balance ⇔ imbalance(均衡)⇔(不均衡)
mortal ⇔ immortal(死ぬ運命にある)⇔(不死の)
palpable ⇔ impalpable(触知できる)⇔(触知できない)

 

などが挙げられます。

 

整理すると、l で始まる単語は in- の代わりに il- が使われます。
また、r で始まる単語は in- の代わりに ir- が使われます。
そして、b, m, p で始まる単語は in- の代わりに im- が使われているのです。

 

この変化はすべて発音上の問題で起こります。

 

l と r に関しては同じ音が繋がるので分かりやすいと思いますが、問題は、b, m, p の場合です。なぜこの3文字の場合は in- ではなく im- なのか。

 

これは実に明快な理由があるのです。それが、この否定の接頭辞の解説のポイントとなります。

 

英語の n の発音は舌を硬口蓋に付け空気をせき止めて鼻から音を出す鼻音です。実際にやってみれば分かりますが、n の発音では上下の唇は開いているのが普通です。それでは m の音はどうやって出すかといえば上下の唇を結んで空気をせき止め鼻から音を出す鼻音なのです。

 

ここでのポイントは n は上下の唇が触れていないが、m は上下の唇が触れて閉じた状態であるということです。

 

それでは、b と p はどうでしょうか。これらの音は唇を閉じた状態から一気に空気を破裂させる破裂音です。b と p の違いは b が有声音、p が無声音というだけです。大事なポイントは b も p も唇を閉じた状態から発せられるということです。

 

つまり、b, m, p の前で in- が im- に変わる理由は、隣り合う音の発音をし易くするために他ならないということです。

 

この法則を覚えるために、いかにも受験勉強のように b, m, p で始まる単語は im- になると頭の中だけで覚えようとするのは賢くありません。これは実際に何度も声に出して発音して、体で覚えるほうが自然なのです。b, m, p の音を出すときの口や舌の動きに注意を払ってください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ニュースで英語(2)高校生のカミングアウト

2013年1月24日 木曜日  カテゴリー: ニュースで英語

こんばんは

 

ニュースで英語いきます。

 

今日はニュージャージー州の高校生の記事から。学校で演劇の賞を受け取る際のスピーチで自分がLGBTであることを発表したのです。

 

Coming out as LGBT is rarely easy, which makes Jacob Rudolph’s story all the more impressive. When the high school student in Parsippany, N.J., came out, he did so in front of the entire school. His classmates responded with a standing ovation.

 

●用語解説
come out: 「カミングアウトする」「(秘密であったことを)公表する」という意味の動詞。
LGBT: Lesbian, Gay, Bisexuality, Transgender の頭文字をとって性的少数者を意味する。
rarely: 「あまり~ない」という意味の副詞
all the more: all the 比較級で「さらに一層~」の意味。
standing ovation: 観衆が立ち上がり拍手喝采をすること。相手を称賛する意味で。

 

●日本語訳
「自分がLGBTであることをカミングアウトすることは生易しいことではない。そして、そのことがジェイコブ・ルドルフの話をより一層印象深いものにした。ニュージャージー州のパーシパニーの高校生がカミングアウトしたとき、彼はそれを全校生徒の前で行ったのだ。彼のクラスメイトたちはそれに立ち上がり拍手喝采をした。」

 

●総評
まず冒頭の文章はComing out as ~が動名詞の主語となっていることに注意。カンマで区切られた非制限用法のwhichは前文全体を先行詞に取れるというのは、高校生でならう英文法ですね。ここでも which は、Coming out ~ easy までを先行詞に取っています。
第二文、When で始まる文は the high school student と came out が少し離れていますが、これがSVです。,N.J., の前後にあるカンマやピリオドにごまかされないようにしましょう。he did so の so は前文の内容を受けています。つまり、did so = came out ということです。
英文としては決して難しいものではありませんが、英語の文章に慣れていないと上に挙げたようなポイントで意味を取り違える可能性があります。文法的なポイントはおさえて読むのが、正確な読みにつながります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ニュースで英語(1)オバマ就任演説

2013年1月22日 火曜日  カテゴリー: ニュースで英語

こんにちは

 

このブログの新しいコンテンツとして、私が気になった英語ニュースの一部をピックアップして簡単な解説を加えていくシリーズを始めようと思います。

 

同様のことを何度かFacebookページで行ったのですが、Facebookの画面構成が長い説明文には不向きなため、こちらで再開しようと思いました。

 

今日は先日、アメリカの大統領として二期目の就任となったオバマ大統領の「就任演説」の記事から抜粋です。

 

President Barack Obama delivered a full-throated defense of the nation’s safety net programs and vowed to tackle the issues of climate change and gay rights in his second inaugural address Monday afternoon.

 

●用語解説
deliver:「述べる」という意味の動詞です。同義語にspeak「話す」, address「演説する」
full-throated:「大声の」という意味の複合形容詞です。
safety net: もともとは「転落防止用ネット」のことですが、転じて「安全策」の意味です。
vow: 「誓う」という意味の動詞です。
tackle: これはいわゆるタックルですが、スポーツのタックルだけでなく、このように次にthe issuesなどを置き「(問題)に取り組む」のような使い方が良くされます。
inaugural:「就任の」「開始の」を意味する形容詞。inauguration (ceremony) という名詞も「就任式」の意味でよく使われます。

 

●日本語訳
「月曜日の午後、二度目の就任演説で、オバマ大統領は自国のセイフティーネットを守ることを声高に述べ、環境問題と同性愛者の権利に関する諸問題に取り組むと誓った。」

 

●総評
この文章に関しては単語の意味が分かれば特に難しい文法は使われていないので意味は取りやすいでしょう。最初の and は二つの過去形の動詞 delivered と vowed を結んでいます。次の and は climate change と gay rights を結んでいるので、the issues of climate change と the issues of gay rights の意味です。

 

毎日少しだけでも英文に触れるようにすると、読解力、語彙力アップにつながります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



フラップt

2013年1月19日 土曜日  カテゴリー: 英語学習のヒント

今日は発音について少し書きます。

 

アメリカ英語の発音で t の音が訛って d や r に近い音になる場合があることをご存じですか。知識として知らなくても、アメリカの映画やドラマ、そして英会話でアメリカ人と話したことがあれば音として耳にしたことがあるはずです。

 

例えば、

 

water

 

これを「ワラー」や「ワダー」に近い音で発音しているのを耳にしたことはないでしょうか。

 

これは通称 flap t と呼ばれる t の発音でアメリカ英語に現れます。

 

本来、t の音は「破裂音」のひとつで舌先を上顎前歯の付け根に押し当てて空気をせき止め、そのたまった空気を一気に吐き出すことで破裂音を作ります。

 

しかし、flap t の音は通常の t よりも脱力したリラックスした状態で音が発せられるため、破裂音というほどには強く響かないのです。t の音を本来の破裂音として強く出すには筋肉をしっかり使わなければいけませんが、flap t はいわば省エネした t の音で筋肉を酷使しません。

 

flap t が生じるには決まった条件があります。

 

母音+t+母音 (例:water, butter, better, bitter, shutter etc.)
母音+t+l (例:little, battle, settle, rattle, kettle, subtle, fatal, hospital etc.)
r+t+l (例:turtle, startle etc.)

 

また、get in や about it など文中の単語の並びで同じ条件が揃うと、flap t が起こります。

 

これは実際に何度も口に出して練習しておくことをおススメします。一旦、flap t に慣れてしまえば省エネ化した言い方なのでむしろ楽な発音になってきます。また、アメリカ英語の聞き取りが以前よりも楽になるはずです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



Eigojuku英語塾の本棚から13

2013年1月18日 金曜日  カテゴリー: Eigojuku英語塾の本棚から

今日ご紹介するのはTOEICの問題集です。

 

新書版で「特急シリーズ」の愛称で知られています。新書版なので値段も手ごろで1,000円以下で購入できます。990点を連続で取っているいわゆる有名TOEIC講師陣がすべて執筆しているシリーズです。

 

その中でも特に私がおススメなのが今日ご紹介する本で、ターゲットは完全に上級者です。タイトルには「900点特急」となっていますが、実際、私のように900点代後半のスコアをもっていても間違える問題がちらほら収録されています。

 

900点を目指す人、もしくはそれ以上を目指している人はマストアイテムの一冊と言えるでしょう。実際に本書と類似の問題は何度も実際の試験に出題されていて、私自身それを経験しています。

 

加藤優著「新TOEIC TEST900点特急パート5&6」朝日新聞出版、2011年

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eigojuku英語塾
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1 若宮大路ビル202
tel. 0467-38-5402   fax. 0467-38-5403
インターネットで問合せ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



塾長プロフィール
クリニック開業支援

阿部 毅
1972年生まれ。英検1級TOEIC985点(自己ベスト) TOEIC SWスコア S180点 W200点。早稲田大学文学部卒、東京藝術大学大学院にて博士号取得。 予備校や学習塾での英語講師やギャラリーでの国際業務を経験。その他、大手企業の英語研修の教材作成などの仕事にも携わる。

▲このページのトップへ